むずむず脚症候群の治療法と使われる薬について

むずむず脚症候群(RLS:Restless Legs Syndrome)は、主に下肢(足)に「むずむず感」が生じる疾患です。

むずむず感はとても不快な症状であり、また特に静止時や夜間に生じやすいため、仕事・学業や睡眠にも大きな支障をきたします。

「足がむずむずする」という症状は軽視されがちです。むずむず脚症候群によって辛い思いをしていても、「体質だから仕方ない」「こんな症状で病院を受診したら先生に怒られてしまう」と治療を諦めてしまっている方は多くいらっしゃいます。

しかしむずむず脚症候群は「疾患」であり、適切な治療を行えば改善する可能性は十分にあります。

ここではむずむず脚症候群に有効な治療法について詳しくお話させていただきます。

1.むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群の治療法について説明する前に、まずはむずむず脚症候群という疾患の全体像を理解しましょう。

むずむず脚症候群は主に下肢に不快な感覚(むずむずする感じ)が生じる疾患です。足のむずむずによって絶えず脚を動かしてしまう事から、「下肢静止不能症候群」「レストレスレッグ症候群」と呼ばれる事もあります。

むずむず脚症候群の症状である「足のむずむず感」にはいくつかの特徴があります。

まずこのむずむず感は「下肢」に生じやすい症状になります。進行してくると体幹や上肢までむずむず感が認められる事もありますが、まずは下肢から生じるケースがほとんどです。

またこのむずむず感は、安静時(じっとしている時)に悪化しやすく、運動時(動かしている時)に改善しやすいという特徴があります。そのため寝ている時には悪化しやすく、むずむず脚症候群は高い頻度で睡眠を障害します。

また日中でもデスク仕事をしていたり、授業を受けていたりという静止時に悪化しやすいため、生活に大きな支障を来たします。

反対に足を動かしているとむずむず感は一時的には軽くなるため、患者さんは絶えず足を動かすようになり、これがむずむず脚症候群が「下肢静止不能症候群」「レストレスレッグ症候群」とも呼ばれる理由です。

しかし寝ようとしている時に足を絶えず動かさなければいけないとなれば当然眠れません。仕事や授業中に足をずっと動かしていれば作業に集中できませんし、周囲からも怒られてしまいます。

このようにむずむず脚症候群は生活に大きな支障をきたす疾患なのです。

むずむず脚症候群によって足のむずむずが生じていても、それを「病気によるもの」とは認識していない方も多く、むずむず脚症候群は適切な治療が行われずに放置されてしまう事がよくあります。

しかし適切な治療を行えば、症状を改善させる事は十分可能です。

むずむず脚症候群はその原因が完全には特定されていないものの、複数の原因因子があると考えられています。代表的な原因を上げると、脳神経のドーパミン量が不足したり、身体の鉄分が不足する事で発症すると考えられています。

そのため原因に応じて、ドーパミン量を増やすお薬を使ったり、鉄分を補給したりという治療法が有効です。また生活リズムを整えたり、タバコやカフェイン・アルコールを控えるといった生活習慣の工夫を行う事も症状の軽減には有効です。

2.むずむず脚症候群に対する非薬物治療

むずむず脚症候群はどのような治療法があるのでしょうか。

治療としては「お薬」が中心ではありますが、お薬を検討する前に試して頂きたい事がいくつかあります。

まずは「生活習慣の改善」です。

むずむず脚症候群を増悪させる生活習慣として、

  • アルコール
  • ニコチン(タバコ)
  • カフェイン
  • ストレス
  • 鉄分不足

などが指摘されています。

自分の生活習慣を振り返ってみて、

「お酒を結構飲む」
「タバコを吸っている」
「コーヒーの摂取量が多い」
「最近ストレスがかかっていると感じる」
「栄養が偏っている」

という傾向がある方は、治療薬を使う前のこのような生活習慣を改善させる事を考えてみてください。

またむずむず脚症候群は「お薬」が原因で生じる事もあります。むずむず脚症候群の原因の1つとしてドーパミン量の低下が指摘されていますので、ドーパミンのはたらきを抑えるようなお薬はむずむず脚症候群の原因になりえます。

具体的には、

  • 抗精神病薬
  • 吐き気止め(制吐剤)

などが原因になります。

【代表的な抗精神病薬】

コントミン(クロルプロマジン)、セレネース(ハロペリドール)、ドグマチール(スルピリド)、ロドピン(ゾテピン)、リスパダール(リスペリドン)、ロナセン(ブロナンセリン)、ルーラン(ペロスピロン)、エビリファイ(アリピプラゾール)、ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)など

【代表的な制吐剤】

プリンペラン(メトクロプラミド)、ナウゼリン(ドンペリドン)など

このようなお薬を服用している場合は、「このお薬でむずむず脚症候群が生じているのではないか」と主治医に相談してみる事も大切です。

3.むずむず脚症候群に対する薬物治療

最後にむずむず脚症候群の治療に有効なお薬について紹介します。

Ⅰ.鉄剤

むずむず脚症候群は、鉄分の欠乏によって生じる事があります。

特に、

  • 鉄欠乏性貧血
  • 月経での出血過多
  • 妊娠

などの方は鉄分が欠乏しやすい状態であるため、むずむず脚症候群を発症しやすいと言えます。

このように鉄分の欠乏によってむずむず脚症候群が発症している場合は、鉄剤を投与する事が有効です。

鉄分は、レバー、卵黄、肉や魚などに多く含まれるため、これらの食品を積極的に摂取する事も有効です。どうしても食事での摂取が難しい場合は、処方薬としての「鉄剤」もありますので、それを服用する事も有効です。

例えば、

  • フェロミア(クエン酸第一鉄ナトリウム)
  • フェロ・グラデュメット(乾燥硫酸鉄)

などが処方薬として処方できる鉄剤になります。

Ⅱ.ドーパミン量を上げる

ドーパミンが欠乏してもむずむず脚症候群は発症しやすくなります。このような場合はドーパミンを増やすお薬がむずむず脚症候群の治療薬として有効です。

ではドーパミンを増やすお薬にはどのようなものがあるでしょうか。

ドーパミンを増やすお薬に「パーキンソン病の治療薬」があります。パーキンソン病は脳の中脳黒質という部位のドーパミン神経が脱落してしまう事で、ドーパミン量が減ってしまう疾患です。

そのためパーキンソン病の治療薬は、ドーパミンの分解を抑えたり、ドーパミン量を増やすようなお薬が用いられます。

そしてこのようなお薬は同じくドーパミン量が低下しているむずむず脚症候群にも有効なのです。

むずむず脚症候群に用いられるドーパミンを増やすお薬には、「ドーパミン作動薬」が挙げられます。

ドーパミン作動薬というのはドーパミンが作用する部位である「ドーパミン受容体」を刺激する事で、ドーパミンが増えた時と同じような状態を作ってくれるお薬です。

むずむず脚症候群に適応を持っているドーパミン作動薬には、

  • ビ・シフロール(プラミペキソール)
  • ニュープロ(ロチゴチン)

などがあります。

これらのお薬はドーパミン欠乏によって生じているむずむず脚症候群には有効性が高い一方で、高用量を長期間使用しているとかえってむずむず症状が強まってしまうというリスクもあります。これは専門的には「オーギュメンテーション」と言います。

そのため安易な増薬は推奨されず、出来る限り低用量で使うべきです。

Ⅲ.末梢神経の興奮を抑える

むずむず脚症候群は、中枢神経における鉄分不足やドーパミン量の欠乏によって中枢神経の活性が弱まる結果、末梢神経を制御できなくなり、末梢神経が過剰に興奮してしまう事が直接の原因です。

そのため、末梢神経の興奮を抑えるという治療薬も有効になります。

具体的には、

  • レグナイト(ガバペンチン エナカルビル)
  • リボトリール(クロナゼパム)

などが用いられる事があります。

レグナイトは興奮性の神経であるグルタミン酸系神経のはたらきを弱め、鎮静系の神経であるGABA系神経のはたらきを高める事で、末梢神経の興奮を抑えます。

またリボトリールは「ベンゾジアゼピン系」という種類に属するお薬で、GABA系神経を増強するはたらきがあります。むずむず脚症候群の他、不安やけいれんを抑える作用もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする