原発性アルドステロン症が生じる原因とは

原発性アルドステロン症(Primary Aldosteronism)は、アルドステロンというホルモンが増えてしまう事によって血圧の上昇や低カリウム血症などが生じる疾患です。

普通の高血圧症と見分けが付きにくいため、「高血圧」として治療されてしまう事が多いのですが、実は高血圧症の10%ほどは原発性アルドステロン症ともいわれており、その頻度は少なくはありません。

アルドステロンというホルモンが増えてしまう疾患ですが、どのような原因によってアルドステロンが増えてしまうのでしょうか。

今日は原発性アルドステロン症について、どのような原因で生じるのかをお話させていただきます。

1.原発性アルドステロン症とは

原発性アルドステロン症(PA:Primary Aldosteronism)は、高血圧症の1つです。

高血圧症とはその名の通り「血圧が高くなる疾患」の事です。

実は高血圧症には、

  • 本態性高血圧症
  • 二次性高血圧症

の2種類があります。

本態性高血圧症とは、いわゆる通常の高血圧の事です。正確な意味としては明確な単一の原因で説明できない高血圧の事であり、喫煙や食生活の乱れ、運動習慣の低下などの複数の要因が続く事によって全身の血管の動脈硬化が生じる事で発症します。

高血圧症の9割は本態性高血圧だと考えられており、本態性高血圧症は日常でもよく見かける疾患の1つです。

対して二次性高血圧とは、何らかの単一の原因によって血圧が上がっているような状態を指します。例えばお薬の副作用によって血圧が上がっているような状態(薬剤誘発性高血圧)や、腎臓が障害を受ける事で血圧が上がってしまうような状態(腎性高血圧症)などがあります。

そして原発性アルドステロン症も二次性高血圧症になります。

原発性アルドステロン症は、「アルドステロン」というホルモンが増えてしまう事によって血圧が上がってしまう疾患です。

アルドステロンは副腎皮質という部位から分泌されるホルモンで、体内のNa+(ナトリウムイオン)や水分を増やし、K+(カリウムイオン)を減らすはたらきがあります。

より具体的に見ると、尿を作る過程で生じる「原尿」からNa+や水分を体内に取り込むはたらきがあります。反対にK+を体内から原尿に移す事で、そのまま尿として排泄させます。

アルドステロンによって体内のNa+や水分量が増えれば、その分血圧が上がります。血圧というのは血液が血管壁を押す圧力の事ですので、血液中の水分が増えれば血圧は上がるためです。

原発性アルドステロン症は、見かけ上はただの高血圧に見えるため、本態性高血圧症として治療されてしまっている場合が少なくありません。

しかし実は高血圧症の10%ほどは原発性アルドステロン症であるという報告もあり、その頻度は決して少なくはなく、本態性高血圧症だと診断されているけど、実は原発性アルドステロン症だという方は少なからずいらっしゃると考えられています。

2.原発性アルドステロン症が生じる原因とは

原発性アルドステロン症はどのような原因で生じるのでしょうか。

アルドステロンというホルモンは、正常な人でも副腎皮質から分泌されているホルモンです。

その本来の役割は原尿から身体に必要なNa+と水分を再吸収し、反対にK+を尿へ排泄する事です。

「原尿」や「再吸収」という意味をより深く理解するために、私たちの身体で尿が作られる仕組みについて説明させていただきます。

尿は腎臓に流れてきた血液を元に作られます。腎臓に流れてきた血液は、腎臓の糸球体と呼ばれる部位でろ過され、尿細管に移されます。このように尿細管に移された尿の素(もと)は、「原尿」と呼ばれます。

原尿は血液をおおざっぱにろ過して作られているため、身体にとって必要な物質がまだたくさん含まれています。

そのため原尿をそのまま排泄してしまうと、身体に必要な物質がたくさん失われてしまいます。それでは困るため、尿細管には原尿から必要な物質を再吸収する仕組みがあります。

つまり糸球体でざっくりと血液がろ過されて原尿が作られ、尿細管によって原尿から必要な物質が体内に戻され(再吸収)、最終的に排泄される尿が出来上がるわけです。

この再吸収には様々なホルモンやチャネルが関係しているのですが、その1つがアルドステロンなのです。

このアルドステロンの分泌が異常に増えてしまう事で、血圧が上がってしまうのが「原発性アルドステロン症」です。

ではアルドステロンが異常に増えてしまう原因として、どのようなものがあるのでしょうか。

Ⅰ.過形成・腺腫

一番多い原因は、アルドステロンを産生する部位である副腎皮質に過形成や腺腫が出来てしまう事です。

過形成というのは文字通り、副腎皮質の細胞が正常よりも作られ過ぎてしまう事です。アルドステロンを産生する細胞が作られ過ぎてしまうと、アルドステロンの分泌量は増えます。

また腺腫というのは腫瘍の1つで、良性の腫瘍になります。過形成よりも増殖しますが、癌(悪性腫瘍)と異なり、細胞壊死を伴ったり、他の組織に浸潤していく事はありません。

このように過形成や腺腫が出来る事で、これらの細胞が過剰にアルドステロンを分泌する結果、血圧が上がってしまうのです。

ちなみに腺腫は多くの場合で片側性(片側の副腎にのみ生じる)ですが、両側に発症する事も珍しくありません。

3.原発性アルドステロン症の病態

原発性アルドステロン症は、副腎皮質に過形成や腺腫が生じ、これらの異常細胞がたくさんアルドステロンを分泌するために発症するとお話ししました。

では過形成や腺腫は何故生じるのでしょうか。また予防する方法はあるのでしょうか。

実は副腎皮質が過形成となったり、腺腫を発症する誘因というのは分かっていません。遺伝性も報告はされていますが、日本人では珍しく、ほとんどは原因不明の発症になります。

腺腫細胞を詳しくみてみると、KCNJ5遺伝子の異常によってカリウムチャネルに異常が生じている事が確認されており、これが過形成や腺腫を引き起こしていると考えられていますが、ではなぜこのような異常が生じるのかは分かっていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする