ジベル薔薇色粃糠疹の原因と治療法

ジベル薔薇色粃糠疹(Pityriasis rosea Gibert)は、主に10代~30代といった若い方に生じる皮膚疾患です。体幹(背中やお腹)に小さな赤い発疹がたくさん出現するため、慌てて皮膚科を受診するという事が多い疾患です。

「炎症性角化症」というタイプの皮膚疾患に属しますが、これは何らかの原因で皮膚に炎症が生じる事によって角化(角質が厚くなる事)してしまう疾患の事です。

皮膚に赤いブツブツがたくさん出てくるため、「何か重篤な病気にかかってしまったのではないか」と心配される方も多いのですが、ジベル薔薇色粃糠疹は良性の疾患であり、基本的には大きな心配はいりません。

ここでは、ジベル薔薇色粃糠疹という疾患について詳しく紹介させて頂きます。

1.ジベル薔薇色粃糠疹とは

ジベル薔薇色粃糠疹(Pityriasis rosea Gibert)は、体幹(主にお腹や背中)に小さな紅色の発疹がたくさん生じる疾患です。

体幹にたくさんの赤いブツブツが出来るため。皆さんびっくりされますが、基本的には良性の疾患であり、放置していても自然と治るような疾患です。

10~30代といった若い方に発症しやすく、時期としては春や秋といった季節の変わり目に生じやすい傾向があります。

炎症性角化症という疾患に属し、これは何らかの原因で皮膚に炎症が生じ、それによって皮膚表面の角質が角化(肥厚してしまう)疾患の事です。

ジベル薔薇色粃糠疹は、恐らくウイルス感染によってな皮膚に炎症が生じるのではないかと考えられており、炎症によって皮膚角質の一部が肥厚するため発疹が多数出現します。

ちなみに何故この疾患は、「ジベル薔薇色粃糠疹」と難しい名称なのでしょうか。この疾患名は発見者の名前から来ています。1800年代中盤、「カミーユ・メルシオール・ジベール」というフランスの皮膚科医がこの疾患を発見したためにこのような名前になっているのです。

粃糠疹(ひこうしん)というのは、粃糠(こめぬか)のような発疹という意味です。粃糠疹は落屑(皮膚表面が代謝の過程で剥がれ落ちてしまう事)が生じている皮膚状態の事で、角化異常が原因で生じると考えられています。

ジベル薔薇色粃糠疹とは、ジベールが発見した、バラ色(紅色)の粃糠疹が生じる疾患だという意味になります。

2.ジベル薔薇色粃糠疹の原因

ジベル薔薇色粃糠疹はどのような原因で生じるのでしょうか。

実はジベル薔薇色粃糠疹の原因ははっきりとは分かっていません。

近年の研究によると、ヒトヘルペスウイルスの感染が発症の原因になっているのではないかという報告があります。ヒトヘルペスウイルスの中でも、HHV-6(ヒトヘルペスウイルス6型)、HHV-7(ヒトヘルペスウイルス7型)がジベル薔薇色粃糠疹を原因として有力視されています。

ジベル薔薇色粃糠疹の中には、発疹が出現する前に風邪っぽい症状が先行する事があり、ここからも何らかのウイルス感染が引き金になっているのではないかという考えもあります。

また、薬疹(お薬の副作用で発疹が出てしまう事)の中にはジベル薔薇色粃糠疹のような経過を取るものがあり、ここからアレルギーや自己免疫的な機序も原因として関係しているのではないかともいわれています。

様々な仮説がありますが、現段階ではどれもあくまでも仮説に過ぎません。

ちなみにジベル薔薇色粃糠疹の原因としてウイルス感染が有力視されているため、「他の人にうつってしまうのではないか」という事を心配される事があります。

確かにヘルペスウイルス感染症の中には、水痘(水疱瘡)などのように人にうつるものもありますが、ジベル薔薇色粃糠疹は人から人に感染する事はありません。

3.ジベル薔薇色粃糠疹の症状と経過

ジベル薔薇色粃糠疹では、どのような症状が認められるのでしょうか。また症状はどのような経過で出てくるのでしょうか。

ジベル薔薇色粃糠疹の典型的な経過は次の3段階に分けられます。またそれぞれの段階で特徴的な症状が出現します。

Ⅰ.先行症状

ジベル薔薇色粃糠疹の先行症状として、体幹に楕円形の紅色発疹が1つ、ポツンと出現する事があります。発疹は2~5cmほどと比較的大きく、発疹の周辺は鱗屑(皮膚表面が剥がれ落ちている状態)を認め、発疹の中心部はやや退色して色が薄くなっているのが特徴です。

この発疹は「ヘラルドパッチ(Herald Patch)」と呼ばれ、ジベル薔薇色粃糠疹を発症する方の約60~70%に認められる先行症状になります。

「あれ、この赤い発疹何だろう??」と思っていると、その後1週間ほどして体幹に突然、多数の発疹が出現します。

また、他にも先行症状として感冒様症状(風邪のような症状)が出現するケースもあります。微熱が出たり咳や鼻水が出て「風邪を引いたかな?」と思っていると、その後体幹の多数の発疹が生じます。

Ⅱ.体幹の発疹の出現

ヘラルドパッチが出現してから1週間ほどすると、急激に体幹(背中やお腹)に小さな発疹が多数出現します。

ヘラルドパッチは2~5cmほどと比較的大きい発疹でしたが、その後に生じる発疹は1~2cm程度と比較的小さな発疹になります。形は同じく楕円形になります。

ジベル薔薇色粃糠疹の発疹で特徴的なのが、発疹は「皮膚のしわ(Langer割線)」に沿って発疹が出現するという点です。

そのため背中にジベル薔薇色粃糠疹が出ると、まるで「クリスマスツリー」のような形になるという特徴があります(クリスマスツリー様発疹と呼ばれ、ジベル薔薇色粃糠疹に特徴的な皮膚症状として知られています)。

またこの発疹は体幹にしか生じない点も特徴です。時に上腕や大腿部に生じる事はありますが、顔や前腕、下腿に生じる事はありません。

発疹が出ると「顔に出てしまって痕が残ってしまったらどうしよう」と心配される方は多いのですが、ジベル薔薇色粃糠疹はそのような心配は全くありません。

また、痛みや痒みといった症状はほとんど認めないか、あっても軽度になります。

Ⅲ.治癒期

発疹が出現して1~3カ月ほどたつと、発疹は自然と治っていきます。特に何も治療をしなくても多くの症例では発疹は痕も残らず、キレイに治ります。

4.ジベル薔薇色粃糠疹の診断

ジベル薔薇色粃糠疹はその特徴的な発疹から、経験を積んだ皮膚科医が見ればすぐに診断する事が出来ます。

診断のポイントとしては、

  • 先行症状(ヘラルドパッチや感冒症状など)がある
  • 皮膚のしわに沿った発疹が出現している
  • 紅色の楕円形の1cmほどの発疹である

といった点が挙げられます。

また薬疹としてジベル薔薇色粃糠疹が認められる事もあるため、発疹が出現した付近で服薬していたお薬の情報も重要になります。

5.ジベル薔薇色粃糠疹の治療法

ジベル薔薇色粃糠疹が生じてしまったら、どのように対処すれば良いでしょうか。

ジベル薔薇色粃糠疹は自然と治る発疹であり、人にうつるようなものでもないため、基本的には困るような症状がなければ放置していて問題ありません。

人にうつる事はないため学校や仕事を休む必要もありませんし、後遺症や痕が残るものでもありませんので、発疹があっても放置していて大丈夫です。

時にかゆみを認める事があり、その程度が強い場合は、

  • 抗ヒスタミン薬
  • ステロイド

といったお薬が用いられる事もあります。

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンという物質のはたらきをブロックする事でかゆみを抑える作用があります。

ステロイドは炎症を抑える作用があります。ジベル薔薇色粃糠疹は皮膚に炎症が生じている炎症性角化疾患ですので、炎症を抑えるステロイドで症状の改善が得られる事があります。

いずれも飲み薬の他に塗り薬もありますので、症状が軽度であれば塗り薬を皮膚に塗るだけでも良いでしょう。

しかし基本的には治療薬を使う必要はなく、自然と治っていく疾患になります。

注意点としては、ジベル薔薇色粃糠疹発疹は特に何も治療をする必要はないのですが、それが本当にジベル薔薇色粃糠疹なのかは正確に判断する必要があります。

一見、ジベル薔薇色粃糠疹のように見えても別の疾患である可能性もあるため、医学知識のない方が独自に判断する事は危険です。

ジベル薔薇色粃糠疹と似た発疹を呈する疾患として、

  • 癜風
  • 疲労性皮膚炎
  • 梅毒性ばら疹
  • 乾癬

などがあります。

このような疾患であった場合、治療法がジベル薔薇色粃糠疹と異なってくる可能性があり、安易に湿疹を放置してしまうと症状が悪化してしまう事があります。

必ず一度は専門家の診察を受けるようにしましょう。その上でジベル薔薇色粃糠疹と専門家から診断を受けたのであれば放置していて問題ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする