二の腕のブツブツ、「毛孔性角化症」の原因と治療法

毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう:Keratosis Pilaris)は、主に10代の若い方の上腕(いわゆる二の腕)などに認められる皮膚疾患で、ブツブツした赤い小さな発疹がたくさん認められます。

患者さんは見た目を気にして皮膚科を受診されますが、特に大きな悪さをするものではありません。

自然と治っていくことも多いため、積極的な治療はせずに様子をみることが基本です。しかし特に若い女性などでは、美容的に気になるということで治療を希望されることもあります。

特に夏場になると上腕が見える服を着ることが多くなるため、毛孔性角化症を気にする方も多くなり、病院を受診する患者さんも増えます。

ここでは毛孔性角化症という疾患について、その原因や症状、治療法などを詳しく説明させて頂きます。

1.毛孔性角化症とは

毛孔性角化症とはどのような疾患なのでしょうか。

毛孔性角化症は皮膚疾患の一つで、毛孔(毛穴)の部位に一致した小さな発疹が出来てしまう疾患です。毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とも呼ばれます。

部位としては主に上腕部(二の腕)や大腿部(ふともも)に多く認められます。発症年齢としては若い方(10代)で多く、特に男女差はありません。

ただし受診される方の多くは女性になります。これは恐らく、女性の方が美容的に気にされる方が多いため、受診数が多くなるのだと考えられます。

特に悪さをする皮膚疾患ではありませんが、見た目的に気になると治療を希望される方もいらっしゃいます。

毛孔性角化症の原因は毛孔(いわゆる毛穴)に角質が溜まってしまう事です。毛穴の中に溜まって固まってしまった角質は「角栓」と呼ばれますが、この角栓によって毛孔が開大し、角栓の先端部が突出するため、ブツブツした発疹に見えるのです。

発疹は正常の皮膚色の事もありますが、わずかに赤色(淡紅色)を呈することもあり、これは毛孔内で軽度の炎症が生じているためです。

毛孔性角化症が生じる原因は明確には解明されていませんが、遺伝傾向を認めることが指摘されています。優性遺伝するため、患者さんの数は多く、非常にありふれた疾患になります。

悪いものではなく病気とは扱わない。

専門家もいらっしゃるため、本人が気にならなければ特に治療は行われません。様子を見ていれば成長とともに自然と改善していきます。

美容上の理由で治療を希望される場合は、保湿剤を用いて皮膚を保護したり、皮膚をピーリングする作用(角質を溶かす作用)を持つお薬が用いられます。

2.毛孔性角化症の原因

毛孔性角化症はどのような原因で生じるのでしょうか。

毛孔性角化症の原因のすべては分かっていませんが、いくつか分かっている事もあります。

まず毛孔性角化症は遺伝性があり、遺伝は原因の1つだと考えられます。毛孔性角化症は常染色体優性遺伝をすると推測されており、このため患者さんの数は非常に多くいらっしゃいます。

ある報告によると10代の30~40%ほどに毛孔性角化症を認めるという報告もあり、非常にありふれた疾患です。

他にも、

  • 尋常性魚鱗癬
  • アトピー性皮膚炎
  • 肥満

などの疾患がベースにある方は毛孔性角化症を発症しやすい事が知られており、何らかの皮膚の異常がベースにある方に発症しやすいとも考えられています。

【毛孔性角化症が生じる原因】
・常染色体優性遺伝する疾患である
・尋常性魚鱗癬、アトピー性皮膚炎、肥満などの方には発症しやすい

3.毛孔性角化症の症状

毛孔性角化症ではどのような症状が認められるのでしょうか。

まず部位としては、主に上腕部(二の腕)、大腿部(ふともも)に多く生じます。また頻度は多くはありませんが、臀部に生じる事もあります。

年齢的には若い方に多く10代が最多になります。小学生くらいから認められるようになり、中高生で最も多くなりますが、それを過ぎると少なくなっていきます。

痛みやかゆみといった自覚症状はほとんど認めません。わずかにかゆみが認められる事もありますが、頻度は少なく、また生じたとしても程度は軽いものがほとんどです。

見た目としては、毛孔(毛穴)に一致した赤い丘疹が出来ます(丘疹というのは小さな発疹の事です)。毛孔はたくさんあるため丘疹も多発し、二の腕や太ももの一面に赤い点がブツブツと見えるようになります。

触るとザラザラした感覚がありますが、特に痛みなどは生じません。また丘疹はどんどんと大きくなったりする事もありません。

【毛孔性角化症の症状】

・10代の若い方に生じやすい
・上腕部、大腿部に多い
・自覚症状はほとんどない
・毛孔に一致した淡紅色の小丘疹が多発する
・発疹が大きくなったりどんどん悪化していく事はない

4.毛孔性角化症の治療法

毛孔性角化症はどのように治療すれば良いのでしょうか。

毛孔性角化症は何か悪さをするものではありません。放置しておいて問題があるものでもなく、多くは成長につれて自然と消失していきます。

そのため赤いブツブツがあっても特に気にならないのであれば、そのまま何もしないのが一番です。そのまま様子を見ていれば、年が経つにつれて自然と改善していくでしょう。

ただ、見た目的に気になるという場合は治療が行われる事もあります。、特に夏場になると二の腕が出る服を着る機会が多くなるため、毛孔性角化症が目立つのがイヤだという事で若い女性を中心に治療を希望される方が多くなります。

このような場合は、保湿剤やピーリング作用のあるお薬が用いられます。

保湿剤としては、

  • プロペト(一般名:白色ワセリン)
  • ヒルドイド(一般名:ヘパリン類似物質)

などが用いられます。保湿剤は、皮膚に潤いを与える事で皮膚を保護したり、皮膚の形成を促進するはたらきがあり、これによって毛孔の角栓が取れて皮膚も正常化しやすくなります。

より積極的な治療としては、

  • ウレパール/パスタロン(一般名:尿素)
  • サリチル酸ワセリン

などが用いられる事もあります。

これらのお薬は、皮膚の表面の古くなった角質をはがす作用があります(化学的ピーリング)。

毛孔性角化症は毛孔の詰まりが原因ですから、ピーリングによって古い角質が溶けてなくなれば詰まりも取れやすくなります。これらのお薬はそのような作用を狙って塗布されます。

しかし、元々が悪さをしない良性の疾患である事から、これ以上の治療を行う事はあまりありません。

【毛孔性角化症の治療法】

・基本的にはそのまま様子観察で良い
・保湿剤で皮膚の保護を行う事もある
・より積極的には化学的ピーリング作用のあるお薬を用いる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする