鉄欠乏性貧血で生じる症状とは

鉄欠乏性貧血は、日常の外来でもよく遭遇する疾患の1つで、貧血の中でももっとも多く見かける疾患です。

貧血とは血液中の赤血球が少なくなってしまう疾患です。鉄欠乏性貧血は鉄が不足してしまう事で貧血になってしまう事で、若い女性であれば生理による出血、中高年者であれば胃癌・大腸がんなどによる出血が原因となりえます。

急激に貧血が進行すれば身体に急な変化(めまい、ふらつきなど)が現れるため気付かれやすいのですが、少しずつ貧血が進行しているような場合では、身体も徐々に弱っていくため、気付かれにくく発見が遅れてしまう事もあります。

貧血になるとだるさやめまい、動悸といった不快な症状が慢性的に続きます。「ここのところ身体がだるい」「最近なんだか調子が悪い」という症状のある方は、鉄欠乏性貧血になっていないかを疑ってみる必要があります。

では、どのような症状がある時に鉄欠乏性貧血を疑えばよいのでしょうか。

ここでは鉄欠乏性貧血で認められる症状について詳しくお話していきます。

1.鉄欠乏性貧血とは

鉄欠乏性貧血の症状について説明する前に、まずは鉄欠乏性貧血という疾患について見てみましょう。

鉄欠乏性貧血はその名の通り、体内の鉄分が欠乏してしまう事で貧血になってしまう疾患です。

では「貧血」とはどのような病態なのでしょうか。

貧血というのは血液中の赤血球が少なくなってしまっている状態です。赤血球は酸素と結合する特徴を持った血球で、肺から取り込まれた酸素を全身の組織・器官に送り届けるはたらきがあります。

私たちの身体において、酸素はとても重要な物質です。私たちが日々生命活動を行うためにはエネルギーが必要です。そしてそのエネルギーは栄養素(炭水化物、たんぱく質や脂質など)から取り出しています。

栄養素からエネルギーを効率的に取り出す際に必要なのが「酸素」です。つまり酸素がないとエネルギーの産生が不十分になってしまい、生体活動が十分に行なえなくなってしまうのです。

赤血球は酸素を全身に運んでくれるのですが、赤血球のおかげで全身の組織・器官は酸素を利用する事ができ、生きるために必要な生体活動を行えているのです。

何らかの理由で赤血球の量が少なくなると、全身に十分な酸素を届ける事が出来なくなってしまいます。これが「貧血」と呼ばれる状態です。

貧血になると全身の組織・器官が十分な生命活動を行えないため、身体のだるさや倦怠感、めまいなどが生じます。また心臓は血液量を増やそうと心拍数を上げるため動悸が生じ、肺は一生懸命酸素を取り込もうとするため息切れが生じやすくなります。

次に、なぜ鉄が少ないと貧血になるのでしょうか。

赤血球の中には「ヘモグロビン」というタンパク質がたくさん入っていますが、このヘモグロビンの材料となるのが「鉄」なのです。ヘモグロビンは酸素と結合できる性質を持っており、酸素を運搬するために欠かす事の出来ない重要な物質です。

ヘモグロビンは「ヘム」という色素と「グロビン」というたんぱく質から作られます。そしてヘムを作るには鉄が必要です。

何らかの原因で身体の中の鉄分が不足してしまうと、ヘムが合成できなくなります。するとヘモグロビンが合成できないため、赤血球も少なくなってしまうというわけです。

ちなみに鉄欠乏性貧血では体内の鉄が欠乏しますが、通常私たちは鉄分は食べ物から摂取します。鉄分はレバーや肉、魚、豆類などに多く含まれていますが、食べ物に含まれる鉄分は口から入り、小腸(主に十二指腸)から体内に吸収されます。

小腸から血液中に入った鉄分(鉄イオン)は、血液中に存在する「トランスフェリン」というたんぱく質と結合し、トランスフェリンによって骨髄に運ばれます。

骨髄に到着すると鉄分は赤芽球(赤血球のもとになる細胞)の中に取り込まれます。赤芽球は細胞内で鉄を原料にしてヘモグロビンをたくさん合成します。

細胞内にヘモグロビンをたくさん合成した赤芽球は赤血球に成長し、骨髄から血液中に放出されます。

2.貧血で生じる症状

次に鉄欠乏性貧血で生じる症状を見ていきましょう。

鉄欠乏性貧血の症状は、「貧血」に共通する症状と、貧血の中でも「鉄欠乏性貧血」に特徴的な症状があります。

ここではまず貧血であれば鉄欠乏性貧血に限らず、どんな原因であっても共通して生じる症状について説明します。

赤血球のはたらきは全身の組織・器官に酸素を届ける事です。

酸素は栄養素からエネルギーを取り出すために必要であるため、貧血になって全身に酸素を十分に送れなくなれば、身体全体がエネルギー不足となります。

すると本来行なわれるべき生体活動が行えなくなってしまい、次のような症状が生じます。

  • 疲労感、だるさ
  • めまい
  • ふらつき
  • 頭痛、頭重
  • 動悸
  • 息切れ

貧血によって体内で十分なエネルギーが産生されないと、身体の予備能力がなくなるため、ちょっと動いただけでも疲労感やだるさが生じるようになります。またエネルギー不足によってめまい、ふらつきや頭痛なども生じやすくなります。

心臓は赤血球の不足を、たくさんの血液を送る事で補おうとするため、脈拍数が上がります。これを動悸と自覚される方もいます。

また、全身に十分な酸素が届かない事で肺は「たくさん酸素を取り込まなくては!」と反応するため、呼吸数は多くなり、息切れしやすくなります。

他覚的な症状としては、

  • 顔の血色不良
  • 眼瞼結膜が白くなる
  • 脈拍数・呼吸数の増加

といった所見が認められます。

赤血球はその名の通り、「赤色」をしています。血液が赤いのは赤血球のせいなのです。貧血によって血液中の赤血球濃度が少なくなると、この赤みが薄くなります。

これが顔色が青白っぽくなったり、眼瞼結膜(下まぶた)が白っぽくなったりという所見として現れます。

3.鉄欠乏性貧血で生じる症状

次に貧血の中でも、鉄欠乏性貧血に特徴的な症状をいくつか紹介します。

これらの症状は必ず全ての鉄欠乏性貧血の方に認められる症状ではありませんが、このような症状を認める際は、鉄欠乏性貧血を念頭におく必要があります。

Ⅰ.異食

鉄欠乏性貧血になると、普段であれば食べたくならないようなものを無性に食べたくなる事があります。

頻度として多いのが「氷」です。また固い食べ物(せんべいなど)である事もあります。

これくらいであればまだ「異食」とまで言わない事もありますが、程度がひどいと「土」を食べたくなったりすることも稀ながらあります。

Ⅱ.さじ状爪

鉄分は主に赤血球を作るために用いられますが、それ以外にも皮膚や爪、髪などの成分にもなっています。

そのため鉄が欠乏すると貧血になるだけでなく、これらの部位に異常が生じます。

爪に関しては「さじ状爪」と呼ばれる状態になる事があります。さじ(匙)というのはいわゆる「スプーン」の事です。

通常の爪はドーム型のような形状をしていますが、これがスプーンのように逆ドーム型(おわん型)のようになってしまうのがさじ状爪です。

Ⅲ.毛髪の変化

前記のように鉄分は髪の毛を作る際にも必要であるため、鉄分の不足が生じると髪のコシがなくなったり、髪質が変わってチリチリ様になったりとする事があります。

Ⅳ.皮膚の変化

前記のように鉄分は皮膚を作る際にも必要であるため、鉄分の不足が生じると肌が乾燥したり荒れやすくなる事があります。

Ⅴ.口内炎・舌炎

鉄分が不足すると、味覚が変化したり、口の中が荒れやすくなります。これによって口内炎や舌炎を引き起こしやすくなります。

このような口腔粘膜異常が生じるのは、これらの部位の粘膜細胞の代謝に鉄分を必要とするためです。

程度が重いと嚥下障害(飲み込みが悪くなる事)が生じる事もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする