ピロリ菌はどのような感染経路で感染してしまうのか

ピロリ菌(Helicobacter pylori)は、私たちの胃に感染する事で様々な疾患を引き起こす菌になります。

ピロリ菌に感染している人は少なくなってはいますが、いまだ多くの方が感染しており、感染者の方は適切な治療(除菌療法)を行う必要があります。

ピロリ菌は一度胃に住み着いてしまうと、生涯感染が続きます。感染が長期に渡ると胃炎や胃潰瘍といった疾患を引き起こすのみならず、胃がんなど取返しのつかない疾患を発症してしまう事もあります。

このピロリ菌、どのようにして私たちの胃に侵入してしまうのでしょうか。感染を防ぐような方法はあるのでしょうか。

今日はピロリ菌の感染経路について見てみましょう。

1.ピロリ菌とは

ピロリ菌(Helicobacter pylori)は1983年に発見された細菌です。

ピロリ菌は他の細菌にはない特徴を持っているため、発見時には大きな注目を浴びました。

ピロリ菌がどのような特徴を持っているのかというと、ピロリ菌は「胃の中で生存出来る細菌」なのです

これはピロリ菌以外の細菌には不可能な事です。なぜならば胃では極めて強い酸である胃酸が分泌されており、胃酸によって胃内の環境はpH1~1.5と強い酸性環境になっているからです。

通常の細菌はこのような酸性の環境では生存する事は出来ません。胃酸によって殺されて(殺菌されて)しまうでしょう。

胃酸は食事を消化する役割だけでなく、このように胃腸に悪い菌が入り込まないように身体を守るはたらきもあるのです。そのため胃の中というのは「無菌」であるのが通常です。

しかし1983年に、強酸性の環境である胃の中でも生存できる細菌がいる事が発見されました。これが「ピロリ菌」です。

ピロリ菌はなぜ酸性環境でも生存できるのでしょうか。

その秘密はピロリ菌が分泌する「ウレアーゼ」という酵素にあります。ウレアーゼは尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する酵素です。

胃壁の粘膜には尿素が存在しますが、ピロリ菌はこの尿素を使ってアンモニアを作り出します。そしてこのアンモニアを使って酸性の胃酸を中和してしまうのです(アンモニアはアルカリ性です)。

このようにピロリ菌はアンモニアによって胃酸を中和し続ける事で、胃内で生存し続ける事が出来てしまうのです。

では、ピロリ菌が胃内に住み続けてしまうとどのような問題が生じるのでしょうか。

ピロリ菌は感染すると、胃壁の粘膜に住み着くようになります。そしてこれにより胃壁に炎症が生じます。またピロリ菌は胃壁に菌体に含まれるたんぱく質を注入する事によって、胃壁細胞の機能に異常を生じさせる事も分かっています。

このような状態が長期間続くと、様々な胃疾患が生じます。

具体的には、

  • 慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 胃癌
  • 胃腺腫
  • 胃過形成ポリープ
  • 胃MALTリンパ腫

などの胃疾患が発症しやすくなります。

特に慢性胃炎は100%ピロリ菌が原因であると言われており、ピロリ菌が存在しなければ原則として慢性胃炎は生じないと考えられているほどです。

ピロリ菌感染で最も怖いのは胃癌です。我が国で生じる胃癌はほとんどがピロリ菌感染によるものだと考えられています。

また胃以外の疾患の原因になる事もあり、

  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 鉄欠乏性貧血
  • 動脈硬化
  • 湿疹

などもピロリ菌が原因になりうる事も報告されています。

ピロリ菌は胃の中に存在し続ける事によって、様々な疾患を引き起こす原因となるのです。

2.ピロリ菌はどのように感染するのか

ピロリ菌は人の胃の中で生存する事で、胃にダメージを与え続け、様々な疾患を引き起こします。

日本人のピロリ菌感染率は低下傾向にあるものの、欧米と比べるとまだ高い事も知られています。

なぜ日本人はピロリ菌の感染率が高いのでしょうか。またどのようにしてピロリ菌は感染するのでしょうか。

昔から私たち日本人は欧米人と比べて胃炎・胃潰瘍や胃癌にかかりやすいという事は知られていましたが、その原因は分かっておらず、「遺伝的なものではないか」「日本人は胃が弱い体質なのではないか」などと考えられていました。

しかしピロリ菌が発見され、日本人で特に感染率が高い事が報告されるようになると、このピロリ菌の感染率の高さが日本人に胃疾患が多かった原因だという事が分かってきました。

その後も研究や調査が進み、ピロリ菌がどのようにして感染するのかが分かってきました。

ピロリ菌は次のような感染経路で感染します。

Ⅰ.免疫能が未熟な乳幼児期に感染する

原則として、ピロリ菌は乳幼児の頃にしか感染しません。

つまり大人の方で現在ピロリ菌に感染していない方は、今後も感染する可能性はほぼ無いと言えます。

これは、乳幼児の頃は免疫能(身体が持っているばい菌などの異物と闘う力)がまだ未熟であるためだと考えられています。

具体的にはピロリ菌に感染しうるのは、そのほとんどが5歳以下の乳幼児であり、10歳以上になれば感染はほとんどしないと考えても良いでしょう。

Ⅱ.口から感染する

では、乳幼児期にどのようにして感染してしまうのでしょうか。

ピロリ菌は経口的に感染する事が分かっています。これは「口から侵入する」という事です。ピロリ菌は口から侵入して胃まで到達し、そのまま胃に住み着くのです。

ではどのようにして口から入ってしまうのでしょうか。

乳幼児の口にピロリ菌が入ってしまう可能性としては、次のようなエピソードが考えられます。

  • ピロリ菌を持っている母親が口移しで子供にご飯を上げる
  • 幼稚園でピロリ菌を持っている子が吐き、その吐物を触ってしまった手で何かを食べる

このようなエピソードによって感染が成立する事が考えられています。

実際はほとんどが前者(母→子などの家族内感染)のルートによって感染している事が推測されています。その根拠として、ピロリ菌に感染している親と子でピロリ菌のDNAが一致するかどうかを調べた研究では約80%の確率で一致していた事を示した研究があります。

つまりピロリ菌に感染している人のほとんどは、幼少期に親などの家族からもらってしまっているという事です。

ちなみにピロリ菌は口移しで移りますが、それは乳幼児に限った話で、成長して免疫能が成熟すれば感染しませんので、

  • キス
  • 性行為

などで感染する事はありません。

このような行為によって仮に成人の口の中にピロリ菌が入ってしまったしても、免疫がピロリ菌をやっつけてくれます。

一時的には胃炎などを起こしますが、そのまま感染が持続する可能性は低いと考えられています。

Ⅲ.一旦感染すれば生涯感染は続く

乳幼児期にピロリ菌に感染してしまうと、基本的にはピロリ菌は生涯胃の中で生存し続けてしまいます。

自然と消えていく事はありません。

食生活や生活習慣の改善でピロリ菌をやっつける事は出来ず、ピロリ菌を除去する方法はお薬による除菌療法しかありません。

3.ピロリ菌に感染しないために

ピロリ菌に感染しないようにはどのような事に気を付ければいいのでしょうか。

かつて(1920年頃)、私たち日本人のピロリ菌感染率は約80%以上と極めて高い数値でした。

現在では30%以下まで低下しており、特に10代の若者に限れば10%以下と極めて低くなっています。しかし、いまだ日本人の3600万人ほどがピロリ菌に感染しており、ピロリ菌感染率を更に低下させることは非常に大切な事になります。

胃炎・胃潰瘍のみならず、命に関わる疾患である胃癌の原因にもなる菌ですので、出来る限り感染しないような工夫をしていく必要があります。

ピロリ菌の感染は基本的には乳幼児の間に成立しますので、大切なのはこの時期に感染させない事になります。

子供が自分で気を付けるのは困難ですので、次のような工夫を周囲の大人が気を付けるようにしましょう。

Ⅰ.赤ちゃんへの口移しをやめる

先ほど説明したように、ピロリ菌感染のほとんどは家族内で移してしまっています。

乳幼児の口にピロリ菌が入ってしまう機会というのは、感染している家族の口から赤ちゃんの口に何かが移る時ですので、

  • ご飯の口移し
  • 赤ちゃんへのキス
  • 食べ物や飲み物を共有する

といった行為が感染原因になります。

このような行為をしない事が大切です。

子供に愛情を注ぐためにこのような行為をしたくなる親もいらっしゃる事は十分に理解できますが、少し大げさな言い方ですが、このような行為を控える事で自分の子供が胃癌になる確率を下げる事が出来るのだと考えてください。

Ⅱ.感染者は除菌をしよう

小さなお子様がいる家庭の方、あるいは将来子供が欲しいと思っている家庭の方は、自分がピロリ菌に感染していないか検査をしておくとよいでしょう。

上記の口移しは、ピロリ菌に感染していなければ行っても問題がないわけですから、ピロリ菌に感染していないかの確認、あるいは感染していた場合は除菌を行う事は有用です。

特に、

  • 慢性的に胃腸の不調が続いているような方
  • 幼少期に衛生環境が悪い場所で生活していた方

などは、感染している可能性が高くなりますので、ピロリ菌がいないかどうか検査をしてみましょう。

ちなみにピロリ菌に感染していないかを調べる検査には、

  • 尿素呼気検査
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 便検査
  • 内視鏡検査

があります。呼気検査は特殊な標識をした尿素を摂取してから息を吐いて、その息にどれくらい標識した二酸化炭素が含まれているのかを見る検査になります。

前述のようにピロリ菌は尿素から二酸化炭素とアンモニアを作り出す特徴があります。そのためピロリ菌が胃にいる場合、尿素を投与すれば二酸化炭素が作られるはずです。

そして二酸化炭素は息を吐く際に排泄されますから、吐いた息に標識された二酸化炭素が存在すれば、胃内にピロリ菌がいる可能性は高くなります。

これを見るのが呼気検査になります。

血液検査・尿検査・便検査では、ピロリ菌に対する抗体が血液中・尿中・便中に認められるかどうかを調べます。

内視鏡検査では、内視鏡(胃カメラ)で胃に胃炎や胃潰瘍がないかを確認し、また胃粘膜の一部を採取してそこにピロリ菌がいないかを調べる方法です。実際に培養してピロリ菌を検出する方法の他、「迅速ウレアーゼ試験」といってウレアーゼを分泌するピロリ菌がいると反応する検査キットを用いる事で迅速に判断する方法もあります。

もっとも確実なのが内視鏡検査ですが、まずは呼気検査や血液検査でもある程度の精度でピロリ菌感染の有無を見分ける事が出来ます。

Ⅲ.衛生環境の改善

ピロリ菌の感染率が高い国には、共通点があります。

それは「衛生環境が悪い」という事です。

実際ピロリ菌感染者が多い国のほとんどは発展途上国であり、反対に先進国でのピロリ菌感染者は少ない事が分かっています。

日本においてもこれは同様で、衛生環境が劣悪であった戦後あたりまではピロリ菌の感染率は高かったのですが、その後の高度経済成長によって生活環境が劇的に向上した事で、ピロリ菌の感染率も急速に低下しています。

現在でも、ピロリ菌陽性者のほとんどは高齢者の方で、若者でのピロリ菌感染者は10%未満だと言われています。

また学歴や経済力によって感染率が異なるという報告もあります。具体的には低学歴・低所得の方の感染率が高いという事です。

これも学歴や経済力がそのまま感染率を決めているわけではなく、低学歴・低所得の方は衛生環境が悪いところで生活する確率が高いため、ピロリ菌に感染しやすくなるのだと考えられています。

現在の日本において、衛生環境が劣悪な状況はそこまでありませんので、大きく心配する必要はありませんが、なるべく衛生的な環境で過ごす事は大切です。

特に何らかの理由で、赤ちゃんを発展途上国などに連れていく場合は細心の注意を払ってください。

Ⅳ.幼稚園・保育園では感染予防の徹底を

頻度は多くありませんが、ピロリ菌は乳幼児から乳幼児に感染する事もあります。

ピロリ菌に感染している乳幼児が他の乳幼児にキスをしたり、食べ物を口移ししたりすれば感染しますが、そのようなケースはほとんどないでしょうから、これはそこまで心配する必要はありません。

ただ保育園・幼稚園の職員さんは、そのような行為でピロリ菌が感染する可能性があるという事は知っておく必要があるでしょう。

保育園・幼稚園での乳幼児間の感染で、もっとも可能性があるのが、ピロリ菌に感染した子が吐いてしまった時です。

当然、その吐物にはピロリ菌が含まれていますので、その吐物に触れてしまい、手洗いが不十分なまま手で何かを食べてしまうと、ピロリ菌の感染が生じてしまう可能性があります。

このような事態を起こさないよう、感染予防の徹底をする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする