苺状血管腫が大人になっても消えない時の対処法

苺状血管腫(いちごじょうけっかんしゅ)は、主に顔などの皮膚に出来る真っ赤なできものです。

生後1か月ほどから認められますが、基本的には良性のできものであり、成長とともに自然と消失していく事も多いため、苺状血管腫を認めてもまずは治療をせずにそのまま様子をみる事もあります。

しかし成長して大人になっても苺状血管腫が自然治癒せずに残ってしまう事もあります。また苺状血管腫は消失したけど、その跡が残ってしまったという事も少なくありません。

このように苺状血管腫が大人になっても自然と改善しなかったり、中途半端に改善して跡が残ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

ここでは大人になっても残っている苺状血管腫について、その治療法を紹介していきます。

1.苺状血管腫とは

まずは苺状血管腫(いちごじょうけっかんしゅ)という疾患について簡単に説明させていただきます。

苺状血管腫は生後の赤ちゃんに生じる皮膚疾患の1つで、苺(いちご)のように赤くブツブツと盛り上がったできもの(腫瘍)です。「乳児血管腫」「幼児血管腫」とも呼ばれます。

苺状血管腫は、生まれて1か月くらい経ってから徐々に出来てきます。最初は赤い小さなアザなのですが、徐々に盛り上がっていき、また大きくなっていきます。

次第に盛り上がりはデコボコを伴うようになり、まるで半分に切ったイチゴを皮膚に置いたようになっていくため、その外観から「苺状血管腫」と呼ばれています。

苺状血管腫は女児に多く、また低出生体重児に多い事が知られています。

部位としては皮膚であればどこにでも生じますが、特に、

  • 顔面

に生じやすい傾向があります。

苺状血管腫の正体は「血管」です。血管芽細胞という血管を作るもととなる細胞が、何らかの理由で正常な血管組織に分化・成長できず、その結果、未熟な毛細血管が異常に増殖してしまった状態が苺状血管腫です。

苺状血管腫は真っ赤な外観をしていますが、これは血液の色になります。異常に増殖した毛細血管の中には血液が流れているため、苺状血管腫は赤くみえるのです。

その証拠として苺状血管腫は圧迫すると赤みが消えます。圧迫すると血管腫内の血液が押し出されるためです。

異常な増殖とは言え血液が通っている血管ですので、苺状血管腫は身体にとって有害な組織ではありません。基本的には何の症状も来たしませんし、癌のように身体に害を与えるものではありません。

しかし真っ赤なできものが皮膚にあると、これはかなり目立ちます。そのため、実害はないとしても、美容的な問題で治療を希望される方は少なくありません。

更に苺状血管腫の多くは成長とともに自然と消えていくのですが、その際にキレイに消えるわけではなく皮膚に瘢痕が残ってしまう事が少なくありません。

この瘢痕を残さないためにはやはり医療的に治療をする必要があり、近年では苺状血管腫は良性腫瘍ではあるものの、積極的な治療が行われる事が一般的です。

2.苺状血管腫が大人になっても消失しない場合は

苺状血管腫の多くは成長するにつれて自然と消失していきますが、

  • 自然に消失する時に、跡が残ってしまう事も多い
  • 顔に真っ赤なできものがあると、いじめなどで精神的ダメージを受ける可能性が高い

といった理由から、現在では積極的に治療が行われるようになっています。

しかし一昔前まではこのような認識はまだ乏しく、「成長すれば自然と治る事が多いんだから、様子を見ましょう」とあまり積極的な治療は行われないのが一般的でした。

また現在でも、腕などの目立たない部位に生じた苺状血管腫は、積極的に治療はせずにそのまま様子を見る事もあります。

ではこのように様子見をしていた苺状血管腫が、大人になっても消失しない場合はどうしたらいいのでしょうか。

Ⅰ.実害がなければ放置しておいて良い

苺状血管腫は良性の腫瘍であり、身体に何か害をきたすようなものではありません。

苺状血管腫が問題となるのは健康上の理由ではなく、美容上の理由になります。

つまり、「顔にこのようなできものがあると気になってしまい、外に出れない」「苺状血管腫をからかわれてしまい、すごく辛い」など、美容的な害がある場合は治療の必要が出てきます。

逆に言えばこのような事はなく、「苺状血管腫はあるけど、別に何も困ってない」という事であれば、別に治療をする必要はありません。

Ⅱ.レーザー治療

苺状血管腫の治療をする場合は、「レーザー治療」が行われるのが一般的です。レーザー治療とはレーザー光を当てることで、特定の色調の細胞を破壊する治療法です。

レーザー光は様々な波長のものがあり、波長によって吸収されやすい色調が異なります。

赤血球中のヘモグロビンに吸収されやすい波長のレーザー光を苺状血管腫に当てると、レーザー光はヘモグロビンに吸収されます。そしてヘモグロビンに吸収されたレーザー光の光エネルギーはそこで熱変換され、赤血球・毛細血管を破壊します。

このようにレーザー治療はレーザーがあたった部位の細胞すべてを破壊するのではなく、レーザーがあたった部位のうち、そのレーザーの波長を吸収しやすい細胞だけを破壊する事が出来ます。

これによって毛細血管の増殖からなる苺状血管腫を消す事が出来るのです。

実際はターゲットとする毛細血管が皮膚のどのくらいの深さに存在しているのか、大きさはどのくらいなのかによって、用いる波長やレーザーを当てる時間は異なってきます。

またいくら局所を狙って照射するとは言っても、多少正常の皮膚にもダメージを与えてしまうため、治療の際には痛みを伴う事もあります。

レーザーは効果の高い治療法ですが、

  • 何回か通う必要がある事
  • 正常皮膚にも多少のダメージを与えるため、軽い痛みを伴う事がある

がデメリットとして挙げられます。

Ⅲ.液体窒素

一部の苺状血管腫は、液体窒素による凍結療法によって退縮する可能性がある事が報告されており、液体窒素による凍結療法も検討される事があります。

液体窒素は-196℃という極めて低温な液体です。これを病変部にスプレー噴射したり、綿球に液体窒素を付けて病変部にあてたりする事で苺状血管腫を構成している毛細血管を凍結させ、壊死させる治療法になります。

液体窒素による凍結療法は通常、1~2週間間隔で行われます。

液体窒素による凍結療法は、液体窒素を当てる時に多少の痛みを伴う可能性があります。また治療周辺の皮膚にもダメージを与えてしまい、皮膚の色素沈着などを引き起こしてしまうリスクもあります。

Ⅲ.薬物療法

以前より苺状血管腫には、「プロプラノロール」というお薬が有効である事が報告されていました。

プロプラノロールはβ遮断薬と呼ばれ、血圧を下げたり脈拍数を下げたりするはたらきがあり、元々は高血圧や心臓疾患の方に用いられていたお薬です。

プロプラノロールには、

  • 血管を収縮させる作用
  • 血管内皮細胞の増殖を抑える作用
  • 腫瘍細胞のアポトーシス(細胞が自ら死に向かう事)を誘導する作用

などがある事が報告されており、これによって苺状血管腫を退縮させると考えられています。

苺状血管腫の治療薬としてのプロプラノロールは、「ヘマンジオルシロップ」という名称で発売されています。

しかしこれは主に乳幼児用に作られたお薬です。薬理上は成人の方が用いても効果は期待できるのですが、成人の苺状血管腫にプロプラノロールを使用する場合は、主治医とよく相談してその適応を判断する必要があります。

3.大人になって苺状血管腫の跡が残ってしまったら

赤ちゃんに生じた苺状血管腫の多くは、成長とともに自然と消失していきます。しかし自然と退縮していく中で、皮膚に跡を残してしまう事もあります。

苺状血管腫は自然と消失したけど、大人になってもその跡が残ってしまっているという場合はどうしたら良いでしょうか。

これは跡がどの程度のものなのかによって取るべき治療法が異なってきます。そのため、苺状血管腫の跡の治療を希望される場合は一度皮膚科を受診し、皮膚科医に相談する必要があります。

跡があるといっても、それがほとんど目立たないような跡である場合は、患者さんと相談の上でそのまま様子観察とする事もあります。

しかし跡が目立ち、それによって患者さんが美容上の苦痛を感じていらっしゃるようであれば、手術によって跡を目立たなくするという方法が取られる事もあります。

しかし手術をすれば手術の跡が残ってしまうため、手術するかどうかは医師とよく相談して判断していく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする