パーキンソン病ではどのような症状が生じるのか【医師が教えるパーキンソン病のすべて】

パーキンソン病(Parkinson’s disease)は神経の病気の1つです。神経の情報伝達がスムーズに行われなくなり、手足がふるえたり、身体が思うように動かなくなったりといった症状が生じます。

パーキンソン病は国から難病指定を受けている「特定疾患」になります。特定疾患の中でも患者さんの数は多く、約1,000人に1人が発症するといわれており、日本内にも約10万人もの患者さんがいると考えられています。

パーキンソン病では身体がスムーズに動かせなくなることにより様々な症状が生じます。

ここではパーキンソン病で認められる事の多い症状を紹介していきます。

1.パーキンソン病の4大症状

パーキンソン病は神経細胞と神経細胞の連絡がスムーズにいかなくなってしまう疾患です。神経は私たちの身体の全身に張り巡らされているため、パーキンソン病によって生じる症状というのは多岐に渡ります。

まずはパーキンソン病の「四大症状」と呼ばれる、

  • 振戦
  • 筋固縮
  • 無動
  • 姿勢反射障害

について詳しく見ていきましょう。

Ⅰ.振戦(ふるえ)

パーキンソン病が発症した際に、初期から認められる事が多い症状が「振戦(ふるえ)」です。

特に多いのが手や足の振戦ですが、中には口唇や下顎などに振戦が認められる事もあります。

通常、左右の片側から発症し、パーキンソン病の進行とともに反対側・全身へと広がっていきます。

振戦にもいくつかの種類があるのですが、パーキンソン病で認められるのは「安静時振戦」になります。これは手足に力を入れずにリラックスしている状態でふるえが出てしまうという事です。

これとは反対に手足を動かしたときに出現したり悪化する振戦を「動作時振戦」と呼びます。動作時振戦はそのほとんどが本態性振戦という疾患で認められ、パーキンソン病では認められません(むしろパーキンソン病では手足を動かすと振戦は止まります)。

典型的なパーキンソン病の振戦は、「丸薬まるめ振戦(pill-rolling-tremor)」と呼ばれます。これは指先の振戦で、丸薬を丸めるような動作に見えることから、このように名づけられています。1秒間に3-4回程度のふるえになります。

Ⅱ.筋固縮

筋固縮とは、筋肉が固まってしまう事です。

パーキンソン病では、神経と神経の連絡がスムーズにいかなくなるため、神経がスムーズに筋肉に刺激を伝えられず、硬い動きになってしまうのです。

通常であれば関節を伸ばそうとするとスムーズに伸びますが、パーキンソン病では歯車現象とよばれ、まるで歯車のように「カクン」「カクン」とぎごちなく伸びていきます。

Ⅲ.無動

パーキンソン病では、神経の連絡がスムーズにいかなくなるため、動きが全体的に遅く・乏しくなります。

行動も遅く、「立ち上がろう」「物を取ろう」と思ってもなかなか動けません。

特に最初の一歩がなかなか出ない(すくみ足)というのが特徴です。

また表情も乏しくなり、まるで仮面をかぶっているように無表情になります(仮面様願望)。

Ⅳ.姿勢反射障害

パーキンソン病では、神経間の連絡がスムーズにいかないため、とっさの行動(反射)が起こりにくくなります。

例えば私たちはつまづいた時、転ばないようにとっさにバランスを保とうと反応します。また転んでしまった時も無意識で急所を避けたり受け身を取ったりします。

パーキンソン病ではこれが出来なくなります。

ちょっと押されただけでも、とっさにバランスを取る事ができないため、転倒しやすくなります。またそのまま倒れてしまうため、頭を打ったり骨折してしまったりと大きな事故になりやすくなります。

2.その他のパーキンソン病の症状

パーキンソン病で認められる代表的な症状は前項で紹介した4つの症状になります。

しかしパーキンソン病の症状はそれだけではありません。

その他にパーキンソン病で認められる症状について紹介します。

Ⅰ.自律神経症状

パーキンソン病では、自律神経のバランスも崩れてしまいます。

自律神経というのは、私たちが普段意識しなくても自動で状況に合わせて適切なはたらきをもたらしてくれる神経の事です。

例えば私たちは普段、特に意識していませんが、心臓は自動で拍動してくれています。それだけでなく、身体を動かして全身に多くの血液が必要になれば、勝手に心拍数を上げてくれ、身体をリラックスさせているような状況では勝手に心拍数を下げてくれます。これが自律神経のはたらきです。

自律神経のバランスが崩れると、状況に合わせた最適な身体の状態を作れなくなってしまいます。

パーキンソン病で生じる自律神経症状としては、

  • 便秘
  • 頻尿
  • 立ちくらみ(起立性低血圧)
  • 発汗
  • しびれ

などがあります。

この中でパーキンソン病で特に高率に認める症状として、「便秘」が挙げられます。

便秘はパーキンソン病のほとんどに出現する症状だといわれています(専門的にはこれを「感度が高い症状」と呼びます)。しかし便秘自体がパーキンソン病に限らず多くの人に認められる症状であるため、これを持ってパーキンソン病だと言いずらい症状でもあります。

Ⅱ.睡眠障害

パーキンソン病では昼夜逆転や夜間の不眠など、睡眠の障害も認められる事があります。

パーキンソン病に特異度が高い睡眠障害として、レム睡眠行動異常があります(特異度が高いというのは、「この症状が認められればパーキンソン病である可能性が高い」という事です)。

レム睡眠行動異常は、寝ている時に夢の内容に合わせて身体が動いてしまう疾患で、睡眠中に立ち上がったり手を振り回したりします(本人は覚えていません)。

Ⅲ、精神症状

パーキンソン病では、精神的な異常も出現します。

パーキンソン病で減少するドーパミンは、脳神経において感情にも関係していると考えられています。パーキンソン病では抑うつ状態が認められる事がありますが、うつ病も脳のドーパミンの減少が一因だと考えられています。

パーキンソン病で抑うつ状態となると、

  • 無気力(アパシー)
  • 意欲低下
  • 興味と喜びの喪失
  • 抑うつ気分

などが出現します。

Ⅳ.認知機能障害

パーキンソン病では認知機能が低下する事もあります。

認知機能が低下すると、物忘れが悪化します。

初期には自分が閉まったものを忘れてしまうなどの症状が生じますが、進行すると親しい人(家族など)の名前を忘れてしまったり、今の自分の状況(今は何年何月で、自分はどこに住んでいるかなど)も分からなくなってしまいます。

Ⅴ.嗅覚障害

パーキンソン病では嗅覚障害が認められる事があります。

これは「匂いが分からなくなる」という事です。

匂いは食欲に影響を与えますので、嗅覚障害が生じていると「食事の味がしなくなった」「食事を食べる気にならない」などと訴える方もいます。

3.パーキンソン病の症状の出方

パーキンソン病で認められる症状を見てきました。

次にパーキンソン病の症状の出方について見てみましょう。

典型的にはパーキンソン病の症状はゆっくりゆっくり出てきます。急激にふるえがひどくなる、という感じではなく、ゆっくりと症状が現れてきます。また両手両足に急に症状が出てくるというよりは、片方ずつ少しずつ出てくるという経過が一般的です。

逆に一気に出てくるような場合は、純粋なパーキンソン病ではなく、お薬の副作用によってパーキンソン症状が生じている(薬剤性パーキンソニズム)などの可能性が疑われます。

パーキンソン病の主な症状のうち、初期症状として気付かれやすいのは「安静時振戦」です。

感度がもっとも高い症状は「便秘」だといわれています。感度が高いというのは、「パーキンソン病であれば認められる可能性が高い症状」という事です。ただし便秘は健常の人でもありますし、多くの疾患で認められる症状ですので、便秘があるからといって「パーキンソン病だ」という事は出来ません。

特異度がもっとも高い症状は「レム睡眠行動異常」だといわれています。特異度が高いというのは、「この症状が認められればパーキンソン病である可能性が高い」という事です。

レム睡眠行動異常が認められたら、「パーキンソン病ではないか」と疑う必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする