蒙古斑はなぜ生じるのか?原因と対処法

蒙古斑(mongolian spot)は皮膚の一部が青く色調変化している状態で、主に赤ちゃんや乳幼児に認められます。

ほとんどは成長するに連れて自然と治っていきます。そのため基本的には放置しておいても問題のないものです。しかし中には大人になっても蒙古斑が残ってしまう事もあり、美容的に気になる方は治療を行う事もあります。

蒙古斑は何故生じるのでしょうか。また、蒙古斑が残ってしまった場合、治療によって取り除く事は出来るのでしょうか。

今日は蒙古斑について、その原因や対処法を詳しく紹介していきます。

1.蒙古斑とは

蒙古斑(mongolian spot)は、皮膚の一部が青く色調変化している状態で、「母斑症」の1つになります。

その正体は真皮に存在するメラノサイト(色素細胞)です。本来、真皮にメラノサイトは存在しないのですが、何らかの理由で残存してしまう事で表面から見ると青い斑のように見えるのです。

メラノサイトは私たちの皮膚に存在している細胞なのですが、通常は真皮ではなく表皮に存在します(皮膚の一番外側が表皮で、その下が真皮になります)。メラノサイトはメラニンという黒色の物質を産生するため、表皮にメラノサイトがあると皮膚が褐色や黒っぽい色調になります。

黒色人種の方は表皮にたくさんのメラノサイトがあるため皮膚が黒っぽくみえるのです。反対に白色人種の方は表皮のメラノサイトが少ないため皮膚が白く見えます。

ところが真皮にメラノサイトが残ってしまうと、表面からは青く見えるようになります。これが蒙古斑の正体になります。

蒙古斑(もうこはん)という名称がついているのは、蒙古斑は蒙古人種(モンゴリアン系、モンゴル系の方)に非常に多く認められるためです。モンゴリアン系の赤ちゃんにはほぼ100%、蒙古斑が認められます。

また同じくアジア系の人種にも多く、日本人にも高確率(約90%)で蒙古斑は発症します。反対に白色人種には少なく蒙古斑が生じるのは10%前後と報告されています。

ちなみに黒色人種の方にも実は80%ほどの頻度で蒙古斑は生じているのですが、黒色人種の方はそもそも表皮のメラノサイトが多くて皮膚が黒っぽいため、蒙古斑が存在しても見えません。

蒙古斑は典型的にはお尻(臀部)に生じます。しかし時にそれ以外の部位に生じる事もあります。腰や脇腹、肩などに出現する事もあり、このように臀部以外の部位に生じた蒙古斑は「異所性蒙古斑」と呼ばれます。

蒙古斑は生まれてからすぐに確認でき、2歳くらいまでは色もどんどん濃くなるため心配されるお母さまもいらっしゃいます。しかし多くは2歳をピークに色が薄くなっていき、ほとんどは10歳までに自然と消えていきます。

中には成長しても蒙古斑が消えない方もいますが、蒙古斑があっても身体に何か害があるわけではありません。そのため気にならないのであれば放置しておいて全く問題ありません。

見た目的にどうしても気になる方は、レーザー治療によって蒙古斑を消す事も可能です。ちなみに蒙古斑よりも異所性蒙古斑の方が自然と消えにくいという特徴があるため、レーザー治療が行われるのは主に異所性蒙古斑になります。

2.蒙古斑の原因とは

蒙古斑はどのような原因で生じるのでしょうか。

蒙古斑の正体は真皮に存在するメラノサイト(色素細胞)です。メラノサイトはメラニンという色素を産生します。メラニンは黒褐色の色素で紫外線を吸収するはたらきがあります。

私たちが普段、太陽の光を浴びても紫外線によって皮膚や臓器がダメージを受けないのは、メラニンが紫外線を吸収してくれているからなのです。

本来、メラノサイトは表皮の基底層と呼ばれる部位に存在し、全身の皮膚にほぼ均等に分布しています。このメラノサイトの量によって皮膚の色が決まり、白色人種の方はメラノサイトが少なく、反対に黒色人種の方はメラノサイトの量が多くなっています。

このような本来表皮に均等に存在するはずのメラノサイトが真皮に残存してしまい、更に臀部など特定の部位に密集して存在してしまうのが蒙古斑です。

なぜこのような事が起こるのでしょうか。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で10カ月ほど過ごしますが、この期間中に神経提細胞という細胞が生まれます。神経堤細胞から芽細胞と呼ばれるメラノサイトの元となる細胞が作られ、この芽細胞は成長の過程で皮膚表面に徐々に移動していき、最終的には皮膚の表皮でメラノサイトとして機能するようになります。

本来は身体の中から表皮まで移動するはずのメラノサイトが、何らかの原因で真皮内に残存してしまう事で生じるのが蒙古斑だと考えられています。

3.蒙古斑の症状はどのようなものがあるか

蒙古斑では、何か症状があるのでしょうか。

蒙古斑は内出血のように青っぽいアザに見えます。またお尻にできやすいため、「お尻をぶつけたのではないか」と心配されるお母さまもいらっしゃいます。また、「お尻をぶたれたのではないか??」と虐待と勘違いしてしまう事もあります。

しかし実際は内出血ではなく、私たちの皮膚に存在するメラノサイトが特定の部位の真皮に密集しているだけに過ぎません。

そのため別に痛くもありませんし、何も症状は生じません。

放置していてもどんどん大きくなったり癌化したりするものではありません。

4.蒙古斑に対する対処法

蒙古斑を見つけたら、どのように対処すれば良いでしょうか。

蒙古斑は悪さをするものではありませんので、基本的には放置していて構いません。2歳くらいまでは蒙古斑が濃くなったりする事があるため心配されるお母さまもいらっしゃいますが、2歳をピークに色調は薄くなっていき、10歳頃までにはほとんどが自然と消えています。

3%ほどの方は蒙古斑が消えず、大人になるまでそのまま残ってしまう事もあります。しかし悪さをするものではありませんので、何も困っていないのであればそのまま放置していて問題ありません。

もし美容的な理由で蒙古斑を取りたい場合は「レーザー治療」が行われます。

レーザー治療(Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)は、レーザー光を当てることで、特定の色調の細胞を破壊する治療法です。

レーザー光は様々な波長のものがあり、波長によって吸収されやすい色調が異なります。

メラニンに吸収されやすい波長のレーザー光を蒙古斑の部位に当てると、レーザー光は蒙古斑のメラニン色素に吸収されます。そしてメラニンに吸収されたレーザー光の光エネルギーはそこで熱変換され、メラノサイトを破壊します。

このようにレーザー治療はレーザーがあたった部位の細胞すべてを破壊するのではなく、レーザーがあたった部位のうち、そのレーザーの波長を吸収しやすい細胞だけを破壊する事が出来ます。

これによって蒙古斑を治療する事が出来るのです。

実際はターゲットとするメラノサイトが皮膚のどのくらいの深さに存在しているのか、大きさはどのくらいなのかによって、用いる波長やレーザーを当てる時間は異なってきます。

レーザー治療は、主に大きい蒙古斑や、自然に消えにくい異所性蒙古斑に対して行われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする