稗粒腫の正しい取り方

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)は、皮膚に生じる小さなできもので、主に目の周りなどの顔に生じやすい傾向があります。

身体に何か害をきたすものではないのですが、顔という目立つ部位に出来やすく、また女性に出来やすい事から「なんとか取れないか」と考えている方も少なくありません。

市販の美容液で「効果がある」と宣伝されているものを塗ってみたり、中には自分で無理矢理潰してみたりする方もいらっしゃいます。

稗粒腫は本人が何も苦痛を感じていないのであれば特に治療する必要はないものです。悪性のできものではありませんので、放置しておいても身体への害は全くありません。

しかし「医療的には問題なくても、見た目の問題から取りたい」と希望される方も多く、そのような場合は、皮膚科で相談すれば適切に治療する事も出来ます。

しかし顔のできものですので、間違った取り方をしてしまうと、かえって悪化してしまったり傷が残ってしまう事もあり、正しい取り方をする必要があります。

稗粒腫を取るためには、どのような方法があるのでしょうか。またそれぞれどのような利点や欠点があるのでしょうか。

ここでは稗粒腫の正しい取り方について紹介させていただきます。

1.稗粒腫とは

まずは稗粒腫がどのような疾患なのか、その全体像を簡単に説明させていただきます。

稗粒腫は、皮膚に生じる良性腫瘍(できもの)の一種です。「腫瘍」と聞くと驚かれるかもしれませんが、腫瘍といっても癌のような悪性腫瘍ではありません。いわゆる「できもの」という言葉が一般的なイメージとしては合っているでしょう。

稗粒腫の多くは1~2mmと小さく、色も白~黄色ですので遠目から見れば目立つものではありません。ただし多発する事、顔に出来やすい事、成人女性に認められる事などから気にされて治療を望まれるケースも少なくありません。

稗粒腫は、名前からも分かる通り「稗(ヒエ)」の粒が皮膚についているような外観をしています。

稗、といってもこれがどのようなものなのかイメージが沸かない方も多いでしょう。

稗(ヒエ)は昭和の初め頃までは平民の主食として、米の変わりに食べられていた穀物です。現在ではよりカロリーの高い米に取って変わられましたが、今でも鳥などのエサとして使われています。

稗の粒は米粒よりも小さく黄色っぽい色をしており、確かに稗粒腫と似ています。

とは言っても稗粒腫はもちろん稗の粒が皮膚についているわけではありません。その正体は角質の塊になります。

ではこの角質とは何でしょう。角質について知るために皮膚の正常の構造について少し勉強しましょう。

私たちの皮膚は外側から、

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

と層をなしています(皮下組織の下には筋肉や臓器などがあります)。

そして皮膚の一番外側にある表皮は更に細かく、

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有棘層
  • 基底層

と4つの層に分かれています。

表皮を構成する細胞である「角化細胞」は、表皮の一番奥にある基底層で作られ、成長とともに有棘層⇒顆粒層⇒角質層と上がっていき、最後は「垢(アカ)」として皮膚から剥がれ落ちていきます。

この角化細胞の循環を「ターンオーバー」と呼びます。このターンオーバーはおおよそ1か月のサイクルで行われており、これにより皮膚は常に新しい細胞で守られているのです。

本来であれば角質はこのように最終的に垢として剥がれ落ちるはずなのですが、その角質が皮膚内に溜まってしまい、嚢(ふくろ)状にくるまれてしまったのが稗粒腫です。

稗粒腫は表皮下に生じますが、何らかの原因によって表皮下に嚢ができてしまい、その嚢を構成する細胞が基底層の細胞のように角化細胞を作ってしまうと、角質がどんどんと嚢の中に溜まってしまいます。

これが稗粒腫です。

2.稗粒腫の取り方

稗粒腫の取り方にはどのような方法があるのでしょうか。

稗粒腫は基本的に医療機関で取ってもらう必要があります。主に皮膚科や美容皮膚科で対応してもらえます。

一般的に行われている稗粒腫の治療法としては、

  • 稗粒圧出法
  • 炭酸ガスレーザー

といった方法があります。それぞれの方法について詳しく説明します。

Ⅰ.稗粒圧出法

稗粒腫のもっとも一般的な治療法は、稗粒圧出法になります。

これは稗粒腫に針で穴をあけ、角質を押し出す事で取り出してしまう事です。

稗粒腫は本来とは違う部位に表皮の細胞が出来てしまう事が原因です。正常な部位に出来ればそのまま垢(アカ)となって皮膚から剥がれ落ちていくものなのに、表皮の下に出来てしまうために皮膚に溜まってしまい、盛り上がって稗粒腫となってしまうのです。

この場合、稗粒腫の中にたまっている角質を取り出してあげれば膨らみは消えます。

具体的には注射などに使う針(注射針)で稗粒腫を浅く刺し、中に溜まっている角質を押し出してあげる事で稗粒腫を取ってしまう事が出来ます。

稗粒圧出法は保険診療で行う事ができ、診療報酬(≒治療費)としては、

【稗粒腫摘除】

・10箇所未満 74点
・10箇所以上 148点

となっています(実際はこれに診察料なども加わります)。

保険診療では「1点=10円」として計算されますが、その全額を本人が払う必要はなく自己負担はこの金額の1~3割になります。

稗粒圧出法は外来で簡便に行えますが、

  • あまりに小さい稗粒腫には行えない
  • 針で刺すのでちょっと痛い
  • 刺し方によっては傷跡が残ってしまう事がある

というデメリットもあります。

痛みに対しては、処置の1時間くらい前に麻酔のテープ(ペンレス)を貼付して、皮膚に麻酔がかかった状態になってから針で刺すようにする事で軽減させる事も可能です。

稗粒圧出法は外来で簡便に行える方法ですが、角質だけでなく嚢もうまく取り出さないとまた再発してしまいます。

Ⅱ.炭酸ガスレーザー

稗粒腫には「炭酸ガスレーザー」による治療も有効です。

炭酸ガスレーザーとは炭酸ガスを媒質に赤外光を照射する治療法の事で、レーザー光によって皮膚の表面をそぎ落とすような治療になります。

稗粒腫は表皮周辺という比較的浅い部位に生じているため、炭酸ガスレーザーで皮膚表面を稗粒腫ごと削り取ってしまうということです。

根本から削り取ってしまうため、針で押し出す治療法と異なり、再発リスクも低くなります。

炭酸ガスレーザーは病変部を狙って照射する治療法ではありますが、多少正常の皮膚にもダメージを与えてしまうため、治療の際には痛みを伴う事もあります。

炭酸ガスレーザーは効果の高い治療法ですが、

  • 正常皮膚にも多少のダメージを与えるため、軽い痛みを伴う事がある事
  • 保険が効かない事

がデメリットとして挙げられます。

また炭酸ガスレーザー機器は、一般的な皮膚科では置いていない事もあるため、美容皮膚科などを受診した方が確実でしょう。皮膚科を受診する際も事前に炭酸ガスレーザー機器を取り扱っているか事前に確認しておく必要があります。

3.稗粒腫を自分で取る事はできるのか

前項では稗粒腫の病院での取り方を説明しました。

では稗粒腫を自分で取る事はできないのでしょうか。稗粒腫は身体に害をきたす疾患ではないため、「病院に行くほどではないんだけど・・・」と自宅で何とか取れないかと考えられる方もいらっしゃいます。

これは「絶対に不可能ではないが、基本的にはお勧めしない」というのが答えになります。

病院で行われる一般的な治療法である「稗粒圧出法」は簡単に言えば針で穴をあけて稗粒腫を取り出してしまうという方法になります。

これは針さえあれば確かに自宅でも施行は可能です。

しかし稗粒腫が存在する皮膚の深さや嚢まで取り出すためのテクニックなどが分かっていないと、皮膚に傷跡が残ってしまったり、稗粒腫の嚢がしっかりと取れずに結局すぐに再発してしまったりという事になりかねません。

そう考えると、皮膚の構造および稗粒腫の病態について正しく理解している専門家(皮膚科医)に処置してもらう方が確実でしょう。

特に女性は顔に傷跡が残るというのはとても困るものだと思います。稗粒圧出法を病院でしてもらうのに、そこまでの時間や費用がかかるわけではありません。そう考えれば病院でやってもらった方がはるかに効率的です。

また市販薬の中には「稗粒腫に効果がある」と謳われている美容液やクリームなどももありますが、これらを塗って自分で治すというのはどうなのでしょうか。

実はこれらの市販薬・美容液で稗粒腫に対してしっかりと効果が実証されているものはほとんどありません。

表皮下に存在する稗粒腫を取りたいわけですから、皮膚を削り取る作用(ピーリング作用)のあるお薬を塗れば、確かに稗粒腫が取れる可能性はあります。しかしこれも、積極的にお勧めできるものではありません。

現時点では稗粒腫の治療としてピーリング作用のある成分を皮膚に塗る事は、再発予防効果はある事がある程度確認されているものの、治療効果としてはまだはっきりとしていません。

またピーリング作用を持つ成分の種類や濃度によって、皮膚のどの層までピーリングできるのかは異なってくるため、その知識も正しく持っていないと、十分にピーリングできなかったり、反対に深くピーリングしすぎてしまい皮膚が荒れてしまったりという事にもなりかねません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする