目の周りの白いブツブツ「稗粒腫」はどのような原因で生じるのか

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)は、主に新生児や成人女性の顔に生じる小さなできものです。

色も白~黄色っぽく、大きさも1~2mmほどと小さいため、そこまで目立つものではありません。しかし女性の顔などに生じやすいため、美容的に気にされる方も多く「何とか治したい」と希望される事も少なくありません。

この稗粒腫はどうして発生してしまうのでしょうか。原因は一体何なのでしょうか。

ここでは稗粒腫が生じる原因について紹介させて頂きます。

1.稗粒腫とは

まずは稗粒腫がどのような疾患なのか、その全体像を簡単に説明させていただきます。

稗粒腫は、皮膚に生じる良性腫瘍(できもの)の一種です。「腫瘍」と聞くと驚かれるかもしれませんが、腫瘍といっても癌のような悪性腫瘍ではありません。いわゆる「できもの」という言葉が一般的なイメージとしては合っているでしょう。

多くは1~2mmと小さく、色も白~黄色で光沢があります。そのため遠目で見れば目立つものではありません。ただし多発する事、顔に出来やすい事、成人女性に認められる事などから気にされて治療を望まれるケースも少なくありません。

稗粒腫は、名前にもなっている通り「稗(ヒエ)」の粒が皮膚についているような外観をしています。

稗、といってもこれがどのようなものなのかイメージが沸かない方も多いでしょう。稗(ヒエ)は昭和の初め頃までは平民の主食として、米の変わりに食べられていた穀物です。現在ではよりカロリーの高い米に取って変わられましたが、今でも鳥などのエサとして使われています。

稗の粒は米粒よりも小さく黄色っぽい色をしており、稗粒腫と似ています。

しかし稗粒腫は、もちろん稗の粒ではありません。その正体は角質の塊になります。

ではこの角質とは何でしょう。角質について知るために皮膚の正常の構造について少し勉強しましょう。

私たちの皮膚は外側から、

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

と層をなしています(皮下組織の下に筋肉や臓器などがあります)。

そして皮膚の一番外側にある表皮は更に細かく、

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有棘層
  • 基底層

と4つの層に分ける事が出来ます。

表皮を構成する細胞である「角化細胞」は、一番奥にある基底層で作られ、成長とともに有棘層⇒顆粒層⇒角質層と上がっていき、最後は「垢(アカ)」として皮膚から剥がれ落ちていきます。

これを皮膚の「ターンオーバー」と呼び、このターンオーバーはおおよそ1か月のサイクルで行われています。

このように本来であれば垢として剥がれ落ちるはずの角質が皮膚内に溜まってしまい、嚢(ふくろ)状にくるまれてしまったのが稗粒腫です。

稗粒腫は表皮下に生じますが、何らかの原因によって表皮下に嚢ができてしまい、その嚢を構成する細胞が基底層細胞のよう角化細胞を作ってしまうと、角質がどんどんと嚢の中に溜まってしまいます。これが稗粒腫となります。

稗粒腫は元々身体の一部である角質が成分ですので、何か身体に害を来たすようなできものではありませんし、何か問題となるような症状が現れる事もありません。

その多くはどんどんと増大していくような事もありません。多くが1~2mm程度であり、大きくても5mm程度にとどまります。

正常の角質のように自然と皮膚から剥がれ落ちていく事もありますが、そうなっても結局また新しい稗粒腫が出来てしまう事も多く、完全に稗粒腫を除去するのはなかなか難しいところがあります。

2.稗粒腫はどのような原因で生じるのか

稗粒腫はどのような原因によって発症するのでしょうか。

実は稗粒腫が生じる原因については、はっきりとは解明されていません。

何か特定の原因があって発症するというよりも、「体質的な要因」が大きいと考えられています。つまり出来ない人には全然できないし、出来やすい体質の人には何度も出来てしまうという事です。

稗粒腫は表皮直下に生じます。そのため、何らかの原因で表皮基底層で作られた角化細胞やその付属器が破壊され、これにより角化細胞が嚢腫を作りながら分化していってしまうようになり稗粒腫が発生するのではないかとも考えられています。

それを支持する根拠として、

  • 水疱症
  • 熱傷後の瘢痕
  • 放射線皮膚炎

などが発症した後に稗粒腫は生じやすい事が知られています。これらの疾患は表皮にダメージを与える疾患であるため、これらによって表皮基底層の角化細胞・付属器(汗腺など)がダメージを受ける事で、稗粒腫が生じるきっかけになるとも考えられます。

また生れてすぐの新生児にも稗粒腫は生じやすいのですが、これは胎生期に分化の異常によって表皮下に角化性の嚢腫が形成されてしまうために発症すると考えられています。

しかし、いずれも「そのような可能性がある」という程度のもので、明確な原因について特定されているわけではありません。

上記の皮膚疾患後に稗粒腫が生じるケースはありますが、全体的には頻度は少なく、成人に発症する稗粒腫の多くは原因不明に発症します。

やはり「体質的な要因」とまとめられてしまっているのが現状です。

3.稗粒腫が生じやすい人・生じやすい部位は

稗粒腫はどのような方に生じやすいのでしょうか。またどこに生じやすいのでしょうか。

稗粒腫はどのような方にでも生じる可能性のある疾患です。しかし特に発症しやすいのは、

  • 新生児
  • 成人女性

になります。

新生児に生じやすいのは、胎生期に分化異常が生じることが原因です。新生児の稗粒腫はその多くが眼や口の周囲に生じ、1カ月以内に消失するケースも少なくありません。

成人女性に稗粒腫が生じやすい部位としては「顔」が多く、特に

  • 眼瞼部(まぶた)
  • 頬部(ほほ)

などが好発部位です。

これ以外でも、皮膚であればどこでも生じる可能性がありますが、

  • 陰茎
  • 陰唇

といった部位にも比較的多く認められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする