ヘモグロビンの基準値・正常値ってどのくらい?

ヘモグロビン値(Hb)は貧血を判定する検査項目の1つで、健康診断や内科の診察などで行われる事があります。

ヘモグロビン値が少ないと貧血と判定され、必要に応じて治療が行われます。

貧血というのは、血液中の「赤血球」が少なくなってしまう疾患です。貧血になると、疲れやすくなったりめまい・ふらつき、動悸、息切れなどが生じるようになり、生活に様々な支障を引き起こします。

このヘモグロビンって何なのでしょうか。また正常値はどのくらいで、どのくらい低いとまずいのでしょうか。

ここではヘモグロビンという検査項目の意味と、ヘモグロビンの正常値(基準値)について説明させていただきます。

1.ヘモグロビンって何?

そもそもヘモグロビンって何なのでしょうか。「赤血球」とは何が違うのでしょうか。

ヘモグロビン(Hemoglobin)というのは、私たちの身体の中に存在するたんぱく質の一種で、主に赤血球の中に存在します。

ヘモグロビンは、他のたんぱく質にはない面白い特徴があります。それは「酸素とくっつく(結合する)」という事です。これは私たちの身体が生体活動を行う上でとても役立ちます。

私たちの身体は、食事から摂取した栄養素(炭水化物やたんぱく質、脂質など)からエネルギーを取り出し、そのエネルギーを元に呼吸・心拍などをはじめ、考えたり身体を動かしたりといった活動を行っています。

そして効率的に栄養素からエネルギーを取り出すためには酸素が必要なのです。

酸素を利用すると効率的にエネルギーを取り出す事ができ、反対に酸素がない状態だとエネルギーを取り出す効率が悪くなり、容易にエネルギー不足になってしまいます。

つまり、私たちの身体が活発に活動できるようになるためには、吸い込んだ酸素が身体の隅々の細胞にまで行き渡らないといけないという事です。でないと全身で必要なエネルギーが作られません。

そしてこれを可能にするのがヘモグロビンです。

ヘモグロビンは「酸素とくっつく」という性質を持っています。これを利用すれば、酸素を身体の隅々にまで運ぶ事が出来ます。つまり、肺から体内に取り込んだ酸素をヘモグロビンとくっつけ、全身に運べばいいのです。

ヘモグロビンが全身に酸素を届けるには、全身に張り巡らされている「道路」が必要です。

この道路が「血管」になり、ヘモグロビンは赤血球という細胞の中に入って血液に乗り、全身の至るところに酸素を届けているのです。

ヘモグロビンは赤血球の中にたくさん入っています。赤血球は肺から吸い込んだ酸素をヘモグロビンに結合します。血液に乗って末梢の組織にたどり着くとそこで酸素を渡します。

酸素を受け取った末梢組織は、その酸素を利用する事で効率的にエネルギーを産生し、生きるために必要な活動を行えているのです。

2.ヘモグロビンの正常値・基準値は?

健康診断で血液検査を行うと「ヘモグロビン(Hb)」という項目があります。これが低いと「貧血の疑いがあります。病院を受診してください」などと記載されます。

ではヘモグロビンの正常値はどのくらいなのでしょうか。

ヘモグロビンの正常値は年齢・性別や状態によって異なりますが、おおむね下記を正常値(基準値)と考えると良いでしょう。

【ヘモグロビン(Hb)の正常値】

・成人男性:13.0~16.0g/dL
・成人女性:12.0~15.0g/dL
・高齢者 :11.0g/dL以上
・妊娠女性:11.0g/dL以上

このように女性よりも男性で高く、年をとると低くなります。また妊娠中も低くなります。

このように年齢・性別・状態によって正常値が異なるのは何故でしょうか。その理由を説明します。

Ⅰ.性別による差

まず性別でみるとヘモグロビンは男性の方が高く、女性の方が低くなります。

この理由としては、男性ホルモン・女性ホルモンの影響が考えられています。

エリスロポエチンという腎臓から分泌されるホルモンがありますが、男性ホルモンはエリスロポエチンの活性を高め、反対に女性ホルモンはエリスロポエチンの活性を抑制する事が分かっています。

エリスロポエチンは、赤血球の産生を促進するはたらきがあります。赤血球は骨髄で作られているのですが、エリスロポエチンは骨髄に存在する赤芽球(未熟な赤血球)を赤血球に成長させるはたらきがあるのです。

エリスロポエチンによって赤血球が増えると、当然赤血球の中にあるヘモグロビンも増えます。

つまり男性ホルモンが多い男性はエリスロポエチンが活性化されやすいためヘモグロビンが多く、女性ホルモンの多い女性はエリスロポエチンの働きが抑制されやすいためヘモグロビンが少なめになるのです。

またそれ以外の理由として、古来から男性の方が女性と比べて身体活動量が多く、酸素を多く全身に運ばないといけないため、という考えもあります。

Ⅱ.年齢

ヘモグロビンは年齢によっても正常値に違いがあります。

ヘモグロビンの産生は生まれてから徐々に高まっていき、10~20代をピークとなります。そしてそこからは徐々に減少していきます。

つまり赤ちゃんや高齢者は成人と比べるとヘモグロビンの数値が低くなるという事です。

Ⅲ.妊娠中

妊娠の経験がある方はご存知かもしれませんが、妊娠中はヘモグロビン値は低下します。

これは正確にはヘモグロビンが減るわけではなく、血漿量が増えるためです。妊娠すると母体だけでなく赤ちゃんの分も血液が必要になるため、母体は血液量を増やそうとします。

血液中の液体成分(血漿)は水分ですのですぐに増えるのですが、血液中の細胞成分(赤血球など)は骨髄で作られるため、すぐに増やす事はできません。

血漿はすぐ増えるけど血球はなかなか増えないため、全体としてみると血液が薄まったような状態になります。

ヘモグロビン値はヘモグロビンの量ではなく濃度を測っているため、ヘモグロビン濃度としては低下してしまうのです。

3.ヘモグロビンがどのくらい低いとまずいの?

前項ではヘモグロビンの正常値について紹介しました。

では血液検査でヘモグロビンが低かった場合、どの程度であれば様子を見て良くて、どの程度なら治療をはじめるべきなのでしょうか。

これは患者さんの状態によっても異なってくるため一概に答える事はできませんが、ヘモグロビン低下によって生活に支障のある症状が認められるようになれば、治療をすべきでしょう。

この「何らかの症状が出始める」値は、臨床的な実感として言えば「Hb:10~11g/dL以下」になります。

このくらいの数値だと貧血としては軽度になりますが、めまいや頭痛、息切れ、だるさといった貧血の症状が現れ始めます。このような症状は重篤とは言えないものの、生活に支障を来たす事があります。

血液検査でヘモグロビンの異常があり、それが10~11g/dL以下であった場合は早めに病院を受診し、適切な検査・治療を受ける事をお勧めします。

4.ヘモグロビン値と認めうる症状

最後にヘモグロビンがどのくらいの数値になったら、どのような症状が認められるのかを紹介します。

Ⅰ.ヘモグロビン値:高値

ヘモグロビンが16g/dL以上など、正常値よりも高い事があります。

これはどういう事でしょうか。

ヘモグロビン濃度が高いという事は、赤血球の数が増えている、あるいは血漿(血液中の水分)が減っているという事になります。

これは、次のような状態が考えられます。

  • 脱水
  • 多血症

ヘモグロビンの量が増えていなくても、血漿が減ればヘモグロビンの濃度は高くなります。ヘモグロビン上昇は脱水を疑う所見の1つです。

また多血症は赤血球が何らかの原因で多くなってしまう疾患です。

上記の疾患以外にも、喫煙や肺疾患、心疾患などで慢性的に酸素不足になっている方もヘモグロビンは高値となる事があります。身体が酸素不足傾向であるため、身体は赤血球を増やす事で少しでも無駄なく酸素を利用しようとするためです。

Ⅱ.ヘモグロビン値:正常

ヘモグロビン値が正常である場合には何も問題はありません。

Ⅲ.ヘモグロビン値:10~11g/dL

ヘモグロビン値が10~11g/dLだと「軽度の貧血」になります。

この数値だと、安静時には大きな症状は認めませんが、

  • 何となくだるい
  • 疲れが取れない
  • 頭が重い
  • ちょっと運動しただけで動悸・息切れがする

といった症状が生じます。

Ⅳ.ヘモグロビン値:7~9g/dL

ヘモグロビン値が7~9g/dLだと「中等度の貧血」になります。

この数値だと、

  • 何もしていなくても疲れる
  • 安静にしていても動悸や息切れが生じる
  • 動くのがかなりしんどい

といった症状が生じます。

Ⅴ.ヘモグロビン値:4~6g/dL

ヘモグロビン値が4~6g/dLだと「重度の貧血」になります。

この数値だと、

  • 全く動けない
  • 常に身体が鉛のように重い
  • 呼吸をするのもしんどい

といった症状を認め、早急に治療が必要になります。外来治療では困難な事も多く、入院なども検討されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする