下垂手(かすいしゅ)の原因・症状と治療法

下垂手(drop hand)は、手首を伸ばす事が出来なくなり、手が垂れ下がってしまう疾患です。

ちょうど幽霊の手のように手が下に下がったような状態になります。

下垂手は、手の関節を伸ばす役割をもつ「橈骨神経(とうこつしんけい)」の異常によって発症するため、「橈骨神経麻痺」とも呼ばれます。

今日は下垂手について、発症する原因や認められる症状、治療法などについてお話させていただきます。

1.下垂手とは

下垂手(drop hand)は、手関節(いわゆる手首)を背屈(伸展)できなくなってしまう状態です。手関節の背屈というのは、手首を手の甲側に曲げるという事です。

背屈できないため、手首は手の平側に曲がってしまい、まるで幽霊の手のように下垂してしまいます。

なぜこのような症状が出現してしまうのかというと、手首を背屈させる筋肉を支配している「橈骨神経(とうこつしんけい)」という神経が何らかの原因によって障害を受けてしまうためです。

つまり下垂手は、手首に問題があるわけではなく、神経の病気だという事です。

基本的には予後は良好で、原因に対する適切な対処を行って、橈骨神経へのダメージを解除すれば自然と回復していきます。

ただし状態によってはお薬を使ったり、リハビリを行わないと後遺症が残ってしまう場合もありますので、整形外科を受診し、適切な指示を専門家から頂く事が大切です。

2.下垂手が発症する原因は?

下垂手はなぜ原因で生じるのでしょうか。

下垂手は専門的には「橈骨神経麻痺」と呼ばれ、その正体は橈骨神経の麻痺になります。

橈骨神経(とうこつしんけい)は、腕の中を通っている神経の1つで、わきの下(腋窩)を通り先端は指先まで達しています。

その役割は、

  • 上肢の伸筋の支配(手首や指のMP関節を伸展させる)
  • 手の甲の感覚を支配(親指~薬指)

などがあります。

何らかの原因で橈骨神経がダメージを受けると、これらの役割を発揮できなくなってしまいます。その結果、下垂手が生じるのです。

橈骨神経のどこがダメージを受けるかで出現する症状は異なり、上位(脳に近い側)にダメージが生じるほど、症状は多くなっていきます。下垂手の場合、上腕の橈骨神経がダメージを受けることで発症します。

より具体的にいうと、上腕二頭筋の力こぶが出来るちょうど反対側あたりで、この部位は橈骨神経が表皮の近くを走っているため、ダメージを受けやすいのです。

この部位がダメージを受ける原因としては、

  • 腕の骨(上腕骨)の骨折
  • 腕の過度な使用
  • 腕への注射
  • 腕の長時間の圧迫(腕枕など)

などが挙げられます。

3.下垂手の症状と経過

下垂手は、どのような症状が認められるのでしょうか。

一番目立つ症状は、手首は伸ばせなくなる事による手の下垂ですが、実はそれ以外にも症状があります。

下垂手は橈骨神経が上腕でダメージを受けて発症するため、それより末梢の橈骨神経が本来の役割を果たせなくなります。

橈骨神経の役割としては、

  • 上肢の伸筋の支配(手首や指のMP関節を伸展させる)
  • 手の甲の感覚を支配(親指~薬指)

などがあります。これらの役割を果たせなくなるため、

  • 手首や指MP関節を伸ばせなくなる
  • 手の甲の感覚がにぶくなったり痺れる(親指~薬指)

といった症状が生じます。

一つずつ説明します。

Ⅰ.手関節・MP関節の伸展障害

橈骨神経は上肢の伸筋(伸ばす筋肉)を支配していますので、橈骨神経がダメージを受けるとこれらの筋肉が思うように動かなくなります。

すると、

  • 手首を伸ばす(背屈させる)筋肉が動かず下垂手となる
  • 指のMP関節を伸ばす(背屈させる)筋肉が動かなくなる

という症状が生じます。

「MP関節」という用語が出てきましたが、これはどこの関節を指しているのでしょうか。

自分の指を見てみてください。親指以外の指には3つの関節がありますね(親指は2つです)。

この3つの関節は、手首に近い方から、

  • MP関節
  • PIP関節
  • DIP関節

と呼ばれています。(ちなみに親指は関節が2つしかないためMP関節とIP関節になります)。

下垂手の特徴は、MP関節の伸展は出来なくなるけど、PIP/DIP関節は伸展できるという事です。つまり、指先は曲げ伸ばしが出来るけども、手首と指の付け根が伸ばせないというのが、下垂手の特徴です。

Ⅱ.手背の感覚障害

橈骨神経がダメージを受けると、橈骨神経が支配している部位の感覚が感じにくくなったり、しびれたりするようになります。

では橈骨神経はどの部位の感覚を支配しているのでしょうか。

橈骨神経が支配しているのは、手の甲(爪がある側)のうち、親指側になります。親指から薬指の半分までの領域を橈骨神経が支配しているため、この部位の感覚を感じにくくなったり、痺れが生じたりします。

4.下垂手の治療法

下垂手が生じたらはどのように治療をすればいいのでしょうか。

下垂手は、何らかの原因で橈骨神経や圧迫されたり障害を受ける事で生じますので、治療は橈骨神経を回復させる必要があります。

そのため、どのような理由で橈骨神経がダメージを受けたかによって行われる治療法は異なります。

長時間の腕枕などによって橈骨神経が圧迫されていただけの場合は、安静にしているだけで回復する事もあります。

注射や骨折によって橈骨神経を傷付けてしまった場合は、安静にしているだけでは不十分で、神経を保護する作用のあるビタミンB12(商品名:メチコバール)やステロイドを服用する事もあります。

また適切な負荷のリハビリを行う事も時には効果的です。

自分に生じた下垂手が、安静にしているだけで治るのか、積極的な治療が必要なのかは、専門の整形外科医に診察してもらい原因や重症度から判断してもらう必要があります。そのため適切な治療を受けるためにはまず整形外科を受診するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする