前立腺が肥大すると頻尿になるのは何故か

前立腺(Prostate)は男性にのみ認められる臓器で、膀胱の下に位置しています。栗の実くらいの大きさで、主に男性機能に関係したはたらきを有しています。

この前立腺は、加齢や食生活などが原因となり、徐々に肥大していく事が知られています。

前立腺の中には尿道(尿が通る管)が通っているため、前立腺が肥大していくと徐々に尿道が押しつぶされ、排尿障害(尿が出にくくなる事)が生じます。このように前立腺の肥大によって排尿障害が認められるようになると「前立腺肥大症」と呼ばれるようになります。

また前立腺の肥大が続くと、排尿障害と逆に「頻尿(尿の回数が増える事)」が生じる事もあります。

前立腺の肥大によって頻尿が生じるのは何故なのでしょうか。また前立腺肥大によって生じた頻尿に対する治療はどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは前立腺の肥大と頻尿について説明させて頂きます。

1.前立腺肥大症とは

前立腺肥大症で頻尿が生じる原因を考える前に、まず簡単に前立腺肥大症という疾患について見ていきましょう。

前立腺肥大症(BPH:Benign Prostatic Hypertrophy)とは、前立腺という臓器が肥大してしまう疾患です。

では前立腺って何でしょうか。

前立腺(ぜんりつせん)というのは、男性にのみある臓器です。

下腹部にあり、おしっこをためる臓器である「膀胱(ぼうこう)」の真下にあります。

前立腺

膀胱からは尿道という管が出ており、この尿道を通っておしっこは身体の外に排出されるのですが、前立腺はこの尿道を囲むように位置しています。

前立腺がどのようなはたらきをしているのかは、まだ全ては分かっていないところもありますが、男性に特有の臓器である事から主に男性機能に関係していると考えられています。

前立腺は「前立腺液」という分泌液を造るはたらきがあります。これは精巣で作られた精液と混ざり、精子の遊走を助けて精子の活性を高めます。ちなみに精液の特有の匂いは、この前立腺液が発している匂いになります。

通常の前立腺は20gほどの重さであり、その大きさはよく「クルミ大」「栗の大きさ」と表現されます。

その構造は、内側の「内腺」と外側の「外腺」に分けられ、前立腺肥大症では「内腺」が肥大していきます。前立腺の内側が肥大していくと、前立腺の中を通っている尿道が圧迫されていくため、前立腺肥大症では排尿障害(尿が出にくくなる症状)が生じます。

また尿が全部出切らないため残尿感が生じたり、残った尿が膀胱を刺激する事により頻尿が生じる事もあります。

これが前立腺肥大症という疾患です。

2.前立腺肥大症で頻尿が生じる機序

前立腺が肥大した際に生じる代表的な症状は「排尿障害」です。

これは肥大した前立腺が尿道を押しつぶしてしまう事で、

  • 尿が出にくくなる
  • 尿の勢いがなくなる
  • 尿が全て出切らず、残尿感が残る

といった症状の事になります。

前立腺が肥大すると尿がでにくくなる、そして尿がでにくくなるため残尿感が生じる、というのはみなさん理解しやすいのではないでしょうか。

尿の通り道が前立腺の肥大によって狭くなってしまっているのですから、当然尿はでにくくなるし、全て出し切りにくくなりますよね。

でも前立腺の肥大が続くと、それだけでなく「頻尿」が生じることもあります。これはどうしてでしょうか。

前立腺肥大症で頻尿が生じる理由には、いくつかの機序が考えられています。

Ⅰ.肥大した前立腺が膀胱を刺激するため

前立腺は膀胱の下に存在している臓器です。

前立腺が肥大すると、中の尿道を押しつぶすだけでなく、上にある膀胱を押し上げるようになります。

これは膀胱を刺激する事になるため、この刺激によって膀胱は収縮しやすくなります。膀胱が収縮すると排尿が促されるため、その程度が多くなれば頻尿になるというわけです。

Ⅱ.膀胱の上皮・神経・平滑筋が障害を受けるため

前立腺が肥大すると尿道が押しつぶされ、尿の通り道が狭くなります。

これによって排尿障害(尿が出にくくなる事)が生じます。

排尿障害が生じると、膀胱は何とかして尿を排出しようとするため、より強く収縮して何とか尿を押し出そうとします。

このように膀胱が過度に頑張らないといけない状態が長期間続くと、次第に膀胱の細胞は疲弊していき、細胞が障害されるようになってしまいます。

疲れ切った細胞はボロボロになっていき、膀胱の筋肉(平滑筋)や神経は正常に機能しなくなっていきます。すると障害された神経は不要に筋肉を刺激し、また筋肉も不要に収縮するようになるため頻尿が生じます。

Ⅲ.膀胱の尿を溜められる量が減るため

前立腺が肥大すると、膀胱内の尿をスムーズに排出できなくなるため、膀胱内に尿が残りやすくなります。これは「残尿」と呼ばれます。

残尿が慢性的に存在するようになると、その残尿の分だけ、膀胱内に溜められる尿量は減ってしまいます。

膀胱に溜められる尿量が減るという事は、その分多く排尿しないといけなくなるという事です。これによって頻尿が生じます。

3.前立腺の肥大で頻尿が生じた時の治療法

前立腺の肥大によって頻尿が生じた場合、どのような治療法があるのでしょうか。

Ⅰ.薬物療法

前立腺の肥大によって頻尿が生じている場合、お薬による治療は有効です。

まず最初に用いられるのは「α遮断薬」と呼ばれる尿道を広げる作用を持つお薬です。

尿道を広げる事によって、膀胱が過度に収縮しなくても尿が出るようにしてあげれば、膀胱を休める事ができるため、膀胱の上皮・筋肉・神経の障害の程度も減り、頻尿を改善させる事が期待できます。

また尿道が広がる事で膀胱内の残尿が減れば、これも頻尿を改善させる事につながります。

代表的なα遮断薬には、

  • ハルナール(一般名:タムスロシン塩酸塩)
  • フリバス(一般名:ナフトピジル)
  • ユリーフ(一般名:シロドシン)

などがあります。

またα遮断薬を服用しても頻尿が改善しない場合は、「抗コリン薬」と呼ばれる頻尿・過活動膀胱治療薬を用いる事があります。

頻尿に用いられる抗コリン薬は、膀胱に存在するムスカリン3受容体をブロックするお薬です。ムスカリン3受容体が刺激されると膀胱は収縮するため、これをブロックすれば膀胱が収縮しにくくなり、頻尿が改善されるというわけです。

α遮断薬を服用しても頻尿が改善しない場合は、膀胱の上皮・神経・筋肉の障害がある程度進行してしまっていると考えられるため、α遮断薬によって尿道を広げてあげるだけでは不十分で、抗コリン薬によって直接膀胱の収縮を抑えてあげる事が有効になってきます。

代表的な抗コリン薬には、

  • トビエース(一般名:フェソテロジンフマル酸塩)
  • ベシケア(一般名:コハク酸ソリフェナシン)
  • ウリトス・ステーブラ(一般名:イミダフェナシン)
  • デトルシトール(一般名:酒石酸トルテロジン)
  • バップフォー(一般名:プロピベリン塩酸塩)

などがあります。

またこれ以外にも、

  • PDE5阻害剤
  • 5α還元酵素阻害薬
  • 漢方薬

なども有効な事があり、主治医が有効と判断すれば使われる事もあります。

Ⅱ.手術

薬物療法で十分な改善が得られず、また生活に大きな支障が生じている際は手術が検討される事もあります。

手術は、外科的に前立腺の肥大部を取ってしまうという方法ですが、なるべく身体に負担がかからない方法が選択されます。

良く行なわれるのは、経尿道的に行われる切除術です。

経尿道的前立腺切除術(TUR-P)は、尿道から内視鏡を挿入し、電気メスで尿道を押しつぶしている肥大部を切除してしまう方法です。

また近年ではレーザーによって前立腺の肥大部を切除してしまう手術法もあります。

経尿道的なアプローチが困難である場合は、開腹による手術が選択される事もありますが、侵襲度が高いため、上記の術式が困難であるケースに限られます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする